@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

利用可能性

ブランド用語集

利用可能性
利用可能性とは、ある事象が起きる確率や頻度を考える際に、最近の事例やかつての顕著な事例を思い出し、評価することをいう。ヒューリスティックスによるバイアスの要因となる。

出典:(株)トライベック・ブランド戦略研究所
(C) 2018 Tribeck Brand Strategies,Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典

利用可能性
図書館のパフォーマンス測定を構成する概念の一つで,『JIS X 0812 図書館パフォーマンス指標』によれば,“利用者が要求したときに,コンテンツ,資料,施設又はサービスについて,実際に図書館が提供できる程度”.通常は資料について用いられ,ある資料を利用したいと望んでいる利用者がいるときに,実際にその資料を利用できるかどうかに関する可能性をいう.書架にあり,すぐにその利用が可能な場合を「即時的な利用可能性」とし,相互貸借などを経由するような場合と区別することがある.米国の大学図書館では特定文献を探している利用者を調査し,利用に成功したかかを明らかにするとともに,失敗した場合の原因を明らかにする利用可能性調査の実施例がある.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

利用可能性」の用語解説はコトバンクが提供しています。

利用可能性の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation