@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

制裁【せいさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

制裁
せいさい
sanction
社会への違反に対して加えられる社会的拘束のうちの,特に集団,組織の力によって強行されるものをいう。そのなかには,積極的な制裁と消極的な制裁の2種類が区別される。積極的制裁は,社会,集団,組織への適応を成員 (メンバー) が一致させる場合に対して行われる肯定的な処置である。これに対して,消極的制裁とは,社会,集団,組織への成員の不適応,不服従に対する否定的な処置であり,普通はこれが狭義の制裁の意味である。積極的,肯定的な処置には,事前的奨励手段と事後的表彰手段が含まれており,消極的,否定的な処置には,事前的予防手段と事後的懲罰手段が含まれている。事前的な処置は,教育,教化の過程国家行政を通して行われるが,制裁の明確なものは事後的な処置であって,表彰としては国家によって行われる位階勲等の授与論功行賞をはじめ,種々の集団によって行われる。懲罰としては,国家によって行われる刑罰や除名処罰などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せい‐さい【制裁】
[名](スル)法律や規則、また慣習・伝統などの社会的規範に背いた者に対して加えられるこらしめや罰。また、そうした懲罰を加えること。「制裁を受ける」「法に基づいて制裁する」「鉄拳制裁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

制裁
スウェーデンの作家アンデシュ・ルースルンドとベリエ・ヘルストレム共作の警察小説(2004)。原題《Odjuret》。北欧の推理小説賞である「ガラスの鍵賞」を受賞(2005)。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せいさい【制裁】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せいさい【制裁】
スル
社会や集団の規則・慣習などにそむいた者に加えられるこらしめや罰。また、その罰を加えること。 -を加える 経済-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せい‐さい【制裁】
〘名〙
① 集団の規律にそむいたときに加えられる心理的、物理的な圧力。また、そういう圧力を加えること。村八分などはその典型。制。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「苟も社会の制裁力微弱なる時代に在ては」
② 法令や規則に違反する行為をした者に加えられる不利益または懲罰のこと。
※民事訴訟法(1926)二七六条「出頭せざる場合に於ける法律上の制裁」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

制裁
せいさい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

制裁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

制裁の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation