@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

刺網漁業【さしあみぎょぎょう】

世界大百科事典 第2版

さしあみぎょぎょう【刺網漁業 gill net fishery】
を用いて行う漁業刺網とは帯状の網地で,目的とする水産生物を網目に刺しこませたり,網地にからませたりして漁獲する漁具である。一般に,対象種の移動進路を遮るように,あば(浮子)といわ(沈子)を調節して垂直に張る。浮魚,イカなどを対象とした浮刺網,底魚,エビ,カニなどを対象とした底刺網がある。また,などで固定して使う場合と,固定せずに使う流し網とがある。網の高さは対象種の遊泳層の厚さ,群れの密度によって決まり,長さはかける場所,取扱いの難易によって決まる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

刺網漁業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

刺網漁業の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation