@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

前句付【マエクヅケ】

デジタル大辞泉

まえく‐づけ〔まへク‐〕【前句付(け)】
雑俳の一。出題された七・七の短句前句)に五・七・五の長句付句)をつけるもの。元禄(1688~1704)ごろから庶民の間に流行、のちの川柳母体となる。例えば「美事(みごと)なりけり美事なりけり」に「(かなめ)は残してさっと海に落ち」とつける

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まえくづけ【前句付】
雑俳の中心的な様式。出題された前句に付句(つけく)をするもの。連歌時代から付合(つけあい)練習として行われてきた,5・7・5の17音に7・7の14音の短句を付けたり,14音に17音の長句を付けたりする二句一章の付合単位が,元禄(1688‐1704)ごろから,俳諧から離れて,機智的な人事人情を求める民文芸として独立。さらに笠付川柳風狂句を生み出した。〈あつい事也あつい事也/たまらずにそなたもやを出た衆か〉〈世の中は大方うそとおもはるゝ/節季の貧は見えぬ元日〉(《すがたなそ》)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

まえく‐づけ まへク‥【前句付】
〘名〙
① 連歌・俳諧で、ある下の句(短句)の前句に対して、いろいろ上の句(長句)の付句を試みること。また、逆に長句の前句に短句の付句をつける場合もある。
② 雑俳の形式の一つ。二句だけの付合が独立したもの。出題された前句(多くは七・七の短句)に付句(多くは五・七・五の長句)を付ける点取競技。出題した宗匠が、集まった句を撰してその高点句を刊行した。万治年間(一六五八‐六一)から庶民の間に流行し、のち冠付(かむりづけ)、沓付(くつづけ)、川柳狂句などの諸形式を生んだ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前句付
まえくづけ
雑俳」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

前句付
まえくづけ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前句付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前句付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation