@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

前座【ぜんざ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前座
ぜんざ
落語,講談,浪花節など,寄席で最初に出演する者。転じて落語家,講釈師,浪曲師の登竜門にあたる地位をさす。出番以外は楽屋内の雑用,高座の進行,お囃子の手伝いなども行う。 (→真打ち )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん‐ざ【前座】
落語・講談などで、前半または本題に入る前の部分。

㋐説教・講談・落語などの興行で、はじめのほう、または正規の番組の前に出演すること。また、その人。「前座を務める」⇔後座(ござ)
㋑主となる興行・出演者の前に行われる、添え物の興行・出演者。「ボクシングの前座試合」
落語家の格付けで最下位の者。→真打(しんうち)二つ目

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんざ【前座】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぜんざ【前座】
講釈師や落語家の階級で、最初になるもの。寄席などの興行で、正式の番組の前に演じたり、楽屋で立ち働いたりする。説教僧の前座まえざより出た語。
主な出演者の前に出て、舞台をつとめる者。 大物歌手の-をつとめる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

前座
ぜんざ
落語家の最初の階級。前座、二つ目、真打(しんうち)としだいに昇進する。仏教界の説教における「前座(まえざ)」からきた用語。「見習い前座」と「本前座」(このうち古顔を「立(た)て前座」という)とがあり、厳しい修業が続く。「見習い前座」を経て楽屋入りするようになると、開演30分前に出勤し、終演後も後かたづけをする。鳴物(なりもの)を習い、真打の手伝いや、「高座がえし」という座ぶとん返し、演題や出演者の名札のメクリ返しの仕事に従事する。楽屋の進行係もつかさどる。この仕事をしながら咄(はなし)の稽古(けいこ)を続け、二つ目への昇進を待つ。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐ざ【前座】
〘名〙
① 講釈、話などの前半、あるいは本題にはいる前の部分。
※洒落本・舌講油通汚(1781)「扨是から後(ござ)をおはなし申上ます。前(ゼン)に申ましたる、通の意味合、いづれも様はいかがおぼしめします」
② 講談、落語などの席で、正規の番組の始まる前、あるいはその席の前半に演ずること。また、その人。真打(しんうち)の登場する前の話や出演者。⇔後座
※洒落本・大門雛形(1789‐1801)三「落咄しの前座といふ人物、今一人は」
③ 落語家の格付で最下位の者をいう。二つ目の下。
※落語・閉込み(1897)〈三代目柳家小さん〉「先達っても明巣(あきす)を狙ふと云ふ、斯奴(こいつ)は泥棒の方で初心、我々の方で前坐と云ふので御坐います」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前座」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前座の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation