@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

前提【ゼンテイ】

デジタル大辞泉

ぜん‐てい【前提】
ある物事が成り立つための、前置きとなる条件。「匿名を前提に情報を提供する」「結婚を前提につきあう」
論理学で、推論において結論が導き出される根拠となる判断。⇔結論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐てい【前提】
〘名〙
① (premise の訳語) 推論の際、結論を導く基礎となる命題。→大前提小前提。〔哲学字彙(1881)〕
② (━する) ある物事を成立させるための条件とすること。
※中国問題の考えかた(1953)〈竹内好〉「一つは、戦争経済を前提して、もう一度うまい汁を吸いたいという〈略〉一旗組のそれである」
③ あることが成り立つためのまえおきとしての条件。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「然るに其模糊たる前提(ゼンテイ)を掲げて、直に論断を下さんとするから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まえ‐さげ まへ‥【前提】
〘名〙 巾着(きんちゃく)の上に紐通しをつけて、革帯で前腰にさげるもの。印鑑や鍵などの貴重品を入れておくもので、江戸時代、安永(一七七二‐八一)頃、京坂地方で流行した。前巾着。
※洒落本・通言総籬(1787)一「まへさげからなんりゃうを一片ほうりいだす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前提」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前提の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation