@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

前燕【ぜんえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前燕
ぜんえん
Qian-yan; Ch`ien-yen
中国,五胡十六国の一つ(337~370)。鮮卑族,慕容部(ぼようぶ)の建てた国。慕容廆のときに興り,棘城(ほくじょう。遼寧省)に居して西晋(→)に仕えていたが,その子慕容皝にいたって王と称し,咸康3(337)年竜城(遼寧省朝陽)をとした。元璽1(352)年,その子慕容儁は薊城(北京)に移って帝と称し,冉魏(ぜんぎ)を滅ぼし,河南省磁県)に遷都。朝鮮,満州から山西,河南に及ぶ国家を形成して,369年東晋の将桓温の軍を撃破したが,まもなく内部分裂を起こし,前秦苻堅に滅ぼされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜん‐えん【前燕】
中国、五胡十六国の一。337年、鮮卑族の慕容廆(ぼようかい)の子、皝(こう)が建国。都は熱河の竜城、のち鄴(ぎょう)。370年に前秦苻堅に滅ぼされた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぜんえん【前燕】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ぜん‐えん【前燕】
中国、五胡十六国の一つ。三世紀末、鮮卑族の慕容廆(ぼようかい)の創建。三三七年、子の皝(こう)が王を称し、以後、華北の中心に進出、中国的国家体制をとり入れ国勢を拡大したが、三七〇年、三代で前秦の苻堅に滅ぼされた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

前燕
ぜんえん
337〜370
五胡十六国の一国で,鮮卑 (せんび) の慕容 (ぼよう) 氏の皝 (こう) が建国
東は高句麗 (こうくり) を討ち,丸都城 (がんとじよう) を陥れ,北東の夫余 (ふよ) を服して龍城(熱河)に都し,南満州を治めた。その子儁 (しゆん) のときに後趙を侵し,薊城 (けいじよう) (現在の北京)をとって都し,(冉魏 (ぜんぎ) )を滅ぼしてその都,鄴 (ぎよう) (河南)に遷った。儁の子喡 (い) のときに山東・河南を併合し,江北に雄飛したが,内紛のため前の苻堅 (ふけん) に滅ぼされた。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

前燕
ぜんえん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前燕」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前燕の関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス[2世]コンスタンティヌス一世コンスタンスコンスタンティウス[2世]コンスタンティヌス[1世]コンスタンチヌス1世(大帝)フィリッポス2世鉄道事故コンスタンティヌス1世コンスタンティヌス(1世)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation