@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

前田青邨【まえだ せいそん】

美術人名辞典

前田青邨
日本画家。岐阜県生。名は廉造。梶田半古の門下。巽画会・紅児会に参加する。小林古径安田靫彦と共に日本美術院の三羽ガラスといわれた。歴史・人物・花鳥画に秀で、美しい描線と、たらしこみ描法を用いた洗練された手法を示す。帝国美術院会員・帝室技芸員・日展審査員。東京芸大教授。文化功労者。文化勲章受章。昭和52年(1977)歿、92才。

出典:(株)思文閣

デジタル大辞泉

まえだ‐せいそん〔まへだ‐〕【前田青邨】
[1885~1977]日本画家。岐阜の生まれ。本名、廉造。大和絵琳派(りんぱ)技法を独自に消化し、清新・豊麗な画風を確立した。文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

前田青邨 まえだ-せいそん
1885-1977 明治-昭和時代の日本画家。
明治18年1月27日生まれ。梶田半古(かじた-はんこ),岡倉天心にまなぶ。大正3年院展に「湯治場」「竹取物語」を出品し,同人となる。昭和26年東京芸大教授,30年文化勲章。芸術院会員。法隆寺金堂壁画再現,高松塚古墳壁画模写にかかわる。妻すゑは荻江節(おぎえぶし)5代家元荻江露友。昭和52年10月27日死去。92歳。岐阜県出身。本名は廉造。平成22年「洞窟の頼朝」が重要文化財に指定される。作品はほかに「京名所八景」「羅馬(ローマ)使節」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

まえだせいそん【前田青邨】
1885‐1977(明治18‐昭和52)
日本画家。岐阜県中津川市に生まれる。本名廉造。1901年上京して梶田半古の門に入る。2歳年上で塾頭の小林古径を知り,以来行動をともにする。02年17歳で第12回日本絵画共進会展に《金子家忠》を出品,3等褒状を受け,半古から青邨の号をもらう。その後今村紫紅,安田靫彦らの紅児会に加わり,新しい歴史画の研究に進み,12年,岡倉天心の示唆をうけて制作した《御輿振(みこしふり)》(絵巻)を第6回文展に出品,3等賞を受け画名を知られるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まえだせいそん【前田青邨】
1885~1977) 日本画家。岐阜県生まれ。本名、廉造。新しい感覚で歴史画・人物・武者絵・花鳥など幅広く描いた。東京芸大教授。代表作「洞窟の頼朝」「唐獅子」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前田青邨
まえだせいそん
[生]1885.1.27. 岐阜,中津川
[没]1977.10.27. 東京
日本画家。本名は廉造。 1901年上京,梶田半古に師事。 07年紅児会の結成に参加。内国勧業博覧会,内国絵画共進会,紅児会などに出品を続け,次第に画壇に地歩を築いた。 14年日本美術院の再興とともに同人となり,以後は小林古径,安田靫彦 (ゆきひこ) らとともに院展の三羽烏として活躍。 22~23年日本美術院留学生として渡欧。東洋の古美術研究に努め,第2次世界大戦前には中国,朝鮮へ旅し,戦後も 60年に日本画家代表団団長として訪中。帝室技芸員,東京芸術大学教授,日本芸術院会員,55年文化功労者,同年文化勲章受章。武者絵などの歴史画を得意とするほか,静物画,風景画,肖像画などにも洗練された技巧を示し,絵巻なども描いた。その他,法隆寺金堂壁画の再現や,高松塚古墳の壁画模写など,日本の古美術の保存や復元に尽した。主要作品『京名所八題』 (1916,東京国立博物館) ,『西遊記』 (27,MOA美術館) ,『奎堂先生』 (42) ,『風神雷神』 (49) ,『石棺』 (62,東京国立近代美術館) ,『腑分』 (70,山種美術館) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

前田青邨
まえだせいそん
(1885―1977)
日本画家。本名廉造。岐阜県中津川に生まれる。1901年(明治34)に上京し、梶田半古(かじたはんこ)に師事。1907年に今村紫紅(しこう)、安田靫彦(ゆきひこ)らの紅児(こうじ)会に加わって研究を重ねた。1914年(大正3)の再興日本美術院の第1回展で『湯治場』『竹取(たけとり)』が認められて同人に推挙され、1922年に日本美術院留学生として小林古径(こけい)とともに渡欧し、大英博物館で『女史箴図巻(じょししんずかん)』を模写、翌年帰国した。大和(やまと)絵や琳派(りんぱ)の技法を独自に消化した明快で清新な画風が注目され、1927年(昭和2)の『羅馬(ローマ)使節』(早稲田(わせだ)大学)、1929年の『洞窟(どうくつ)の頼朝(よりとも)』(東京・大倉集古館)はことに高い評価を得た。院展のほか文展、第二次世界大戦後の日展にも出品し、1935年に帝国美術院会員、1944年に帝室技芸員にあげられ、1955年(昭和30)には文化勲章を受章した。また1951年から1959年まで東京芸術大学教授を務め、その後も1967年の法隆寺金堂壁画再現模写、1973年の高松塚古墳壁画模写事業をそれぞれ監修、監督した。ほかに代表作として『罌粟(けし)』『石棺』『お水取(みずとり)』『西遊記』『紅白梅図』などがあげられる。1966年、郷里に中津川市青邨記念館が建設された(2015年閉館)。[原田 実]
『『作画三昧――青邨文集』(1979・新潮社) ▽久富貢編『現代日本美術全集15 前田青邨』(1973・集英社) ▽関千代編『日本画素描大観5 前田青邨』(1984・講談社) ▽河北倫明・高階秀爾他監修『日本の名画15 前田青邨』(1977・中央公論社) ▽河北倫明監修・解説、関千代解説『現代日本絵巻全集9・10 前田青邨』(1981、1984・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

まえだ‐せいそん【前田青邨】
日本画家。本名廉造。岐阜県出身。梶田半古に師事。大正三年(一九一四)日本美術院の再興に当たって同人となった。代表作「洞窟の頼朝」「出を待つ」など。明治一八~昭和五二年(一八八五‐一九七七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前田青邨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前田青邨の関連情報

他サービスで検索

「前田青邨」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation