@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

前衛映画【ぜんえいえいが】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

前衛映画
ぜんえいえいが
avant-garde film
狭義には映画史上 1920年代のフランス,ドイツを中心に生れた前衛的映画作品をさす。シュールレアリスムなどの前衛芸術運動とも関連性があり,フランスでは純粋映画と呼ばれる非商業映画,ドイツでは絶対映画と呼ばれる抽象映画が作られた。前者に,フェルナン・レジェの『バレエ・メカニック』 (1924) ,ルネ・クレールの『幕間』 (24) ,『エマク・バキア』 (26) ,ジェメーヌ・デュラックの『貝殻僧侶』 (28) ,『アンダルシアの犬』 (28) ,『黄金時代』 (30) など,後者に,『対角線交響楽』 (24) ,『リズム』 (25) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぜんえい‐えいが〔ゼンヱイエイグワ〕【前衛映画】
新しい表現手法を試みて製作した実験映画。特に、1920年代にフランス・ドイツを中心に現れた一群の作品をさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぜんえい‐えいが ゼンヱイエイグヮ【前衛映画】
〘名〙 新しく実験的な表現手法を開拓し、それに基づいて作る映画。前衛的な技法や内容を持つ映画。
※野菜売りの声(1969)〈坂上弘〉「いつか前衛映画と称するなかで」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

前衛映画
ぜんえいえいが

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

前衛映画」の用語解説はコトバンクが提供しています。

前衛映画の関連情報

関連キーワード

大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation