@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

剣舞【けんばい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

剣舞(けんばい)
けんばい
東北地方の新仏供養の念仏踊。けんばいの語源については足踏みによる悪霊払いの反閇(へんばい)から出たとする説があり、鎮魂の方式と考えられる。土地によっては鬼剣舞、念仏剣舞、雛(ひな)剣舞といい、盆や秋祭りに出て家々を巡り、祖先の供養に、また悪魔払いに踊る。鬼剣舞は、高館物怪(たかだてもっけ)、阿修羅(あしゅら)踊などともよばれ、平泉の高館に没した源氏の武士たちの亡霊をかたどるといわれる。鬼面をつけ、剣を手に、南無阿弥陀仏(なむあみだぶつ)の口拍子と、笛、太鼓、銅(どびょうし)につれて活発に踊る。大きい花笠(はながさ)も出、踊り子は面をつけず、長刀や太刀(たち)や棒を持って踊る念仏剣舞も、跳躍の激しい踊りである。たとえば、岩手県紫波(しわ)郡紫波町犬吠森(いぬぼえもり)では弥陀(みだ)の浄土の象徴である大笠を中心に、「入羽(いりは)」「中羽(なかは)」「引羽(ひきは)」の3曲を演じる。踊り子は饅頭笠(まんじゅうがさ)をかぶり、簓(ささら)、鉦(かね)、ふくべ、扇、唐団扇(とううちわ)を持って踊る。花錫杖(しゃくじょう)を持つ少女たちの雛剣舞は華麗なものである。[萩原秀三郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剣舞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

剣舞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation