@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

剪断【せんだん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

剪断
せんだん
ずれ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せん‐だん【×剪断】
[名](スル)
断ち切ること。「綱を剪断する」
物体内部のある面に沿って両側部分を互いにずれさせるような作用

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

剪断
体積変化を伴わない歪の一種で,物体内の平面が一様な角度だけ傾くような変形[長倉ほか : 1998].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せんだん【剪断】
スル
はさみ切ること。たち切ること。
物体内部の面にそって面の両側に同じ大きさの反対向きの力が加わって物体内部でずれが生じること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

剪断
せんだん
shearing
物体を挟み切る作用。物体に、平行で互いに反対方向の力が作用し、ある面を通して一方の部分と他方の部分とが互いに滑るように働く作用をいう。一般に外力の作用により物体内に内力を生ずるが、物体内に仮想面を考えれば、この面に作用する内力は面に垂直な成分と平行な成分とに分けられ、面に沿った成分が剪断力で、剪断変形を引き起こす。剪断に対する弾性係数を剪断弾性係数あるいは横弾性係数という。剪断作用は、梁(はり)や板が横荷重を受けるときや、軸がねじられるときに現れる。剪断機shearing machineによる鉄板などの切断や、打ち抜き、穴あけなどの剪断加工は、この剪断作用を応用したものである。[林 邦夫・中條祐一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

剪断」の用語解説はコトバンクが提供しています。

剪断の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation