@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

副産物【フクサンブツ】

デジタル大辞泉

ふく‐さんぶつ【副産物】
ある製品を生産する過程で、それに付随して得られる他の産物。
ある物事に付随して起こる物事。「戦争の副産物としての特需

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ふくさんぶつ【副産物】
目的とする産物の生産過程で、付随して得られる他の産物。
転じて、ある物事の発生や進展に伴って起こった他の物事。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

副産物
ふくさんぶつ
by-product
同一の原材料および同一の作業工程から2種以上の製品が生産される場合に、それらの経済価値や企業の生産目的などの関係から、相対的に従属的であると判断される第二次的な生産物をいう。主産物と同様、市場における商品価値を有しているものであるから、原価計算上は、なんらかの形で評価しなければならない。製粉業の(ふすま)、コークス業のコールタールなどが、その典型的な例としてあげられる。[東海幹夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふく‐さんぶつ【副産物】
〘名〙
① あるものを生産する過程で、それに付随して必然的に得られる他の産物。副製品。
※東京日日新聞‐明治二五年(1892)一〇月三〇日「銅を採り硫酸を製し、其他苟も副産物として利益を得べきものは」
② 転じて、一つの物事を行なうときに、それに伴って起こってくる物事。
※蔵の中(1918‐19)〈宇野浩二〉「私の書きました小説といふのは、その副産物のやうなもので」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

副産物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

副産物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation