@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

割礼【かつれい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

割礼
かつれい
circumcision
性器に施される一種の手術で,普通,男子は陰茎の包皮の一部を切除して亀頭を露出させ,女子は陰核を切除する。ユダヤ教徒,イスラム教徒や,アフリカ,ポリネシア,メラネシア,ニューギニアオーストラリアの諸民族アメリカインディアンの一部で行われている。ユダヤ教徒およびイスラム教徒においては,宗教的儀式として礼が行われるが,一般にイニシエーションに際して行われ,成年に達したことの身体的表現,社会的表現として大きな意義をもつ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かつ‐れい【割礼】
陰茎包皮または陰核を切開、その一部を切り取る風習儀礼古来、諸種族に広く行われたが、今日でもユダヤ教徒・アラビア・アフリカの諸部族間に残る。宗教的には、清め・奉献・契約の成人証明などの意味づけがなされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かつれい【割礼 circumcision】
男女の性器の一部を切除または切開する儀礼で,古くから世界各地で行われている。現在でもイスラム教徒,ユダヤ教徒をはじめ,オーストラリア,アフリカの原住民の多く,ポリネシア,メラネシア,アメリカの原住民の一部において観察される。 割礼の目的については,衛生や性交における実利との関係を指摘する者もあるが,定説はない。入墨瘢痕(はんこん)文身抜歯(オーストラリア諸族その他),小指の第一,第二関節から先の切断(アフリカ南部),耳たぶを切ったり,耳たぶや鼻の隔壁に穴をあけたりする慣習,つまり身体のいずれかの部分を切断,切除したり傷つけたり,髪の毛を一定の形に切ったりすることによって,他の人間に見えるような形で,その人間の身体になんらかの変化をもたらすような慣習(身体変工)と同じだと考えてよいだろう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かつれい【割礼】
陰茎包皮または小陰核を切開したり、その一部を除去したりする習俗。古代より多くの民族の間で行われてきた。ユダヤ教では、神との契約のしるしとして生後八日目の男児に対して行う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

割礼
かつれい
男性性器の一部とくに陰茎の包皮、およびときとして女性の陰核もしくは小陰唇を儀礼的に切除または切開すること。身体変工の一つ。[佐々木宏幹]

分布

きわめて古い時代から、広い地域の諸民族によって行われてきた。アラブ系諸民族、若干のアフリカ系民族、エチオピアのキリスト教徒、オーストラリア先住民、マレー人、カリブ人、南アメリカ先住民、ユダヤ教徒、イスラム教徒、フィジー人、サモア人などその例である。ただし、インド・ヨーロッパ語系、モンゴル語系およびフィン・ウゴル語系諸族間では行われない。[佐々木宏幹]

割礼の年齢

ユダヤ教徒は割礼の厳守で知られるが『旧約聖書』の「創世記」によれば、アブラハムは神との契約のしるしとして、彼が99歳、その子イシマエルが13歳のとき、一家の男性をあげて割礼を行った。このとき神は、イスラエルの民はすべて生後8日目に割礼を行うべきことを要求し、これに違反する者は契約を破るものとした(17章9~27)。以来「アブラハムの契約」は代々子孫に義務づけられ、ユダヤ教徒の男子は生後8日目に、健康上の理由がない限り、安息日と否とにかかわらず、割礼を行うものとされた。
 キリスト教では割礼の実施に宗教的意味を認めず、これにかわってパウロが主張した「霊による心の割礼」(「ローマ人への手紙」2章25~29)を重視する。アラブ諸族は、生後7、14、21または24日目に割礼を行う。ペルシアのイスラム教徒は3歳か4歳のときに、フィジーやサモアでは7歳のときに、エチオピアでは6、7歳または8歳のときに割礼を行った。アフリカでは若干の部族がユダヤ教徒の規則に従っているが、大部分は生後30日から60日の間にこれを実施した。古代エジプトでは紀元前4000年のころすでに割礼の風習があり、男子は6歳から12歳の間にこれを受けたという。[佐々木宏幹]

割礼の実際

ユダヤ教徒においては、割礼を受ける幼児はまず預言者エリヤの情熱を象徴する「エリヤの椅子(いす)」に乗せられ、ついで契約人の膝(ひざ)に移されて割礼を受ける。この間契約人は、泣き叫ぶ幼児を押さえていなければならない。式後、幼児にヘブライ語の名前が与えられる。最近では衛生上の理由から、手術は病院で済まし、祝宴を家庭で行う風がみられる。オーストラリアのカラジェリ人の社会では、男子が12歳ぐらいになると、成人式の一環として割礼を施す。彼は年長者に連れられてホルドを離れ、長期にわたる幾多の試練を経たのちに、年長者の男性たちにより割礼される。割礼は聖なる怪物ブル・ローラーの歯の傷痕(しょうこん)であるとされる。金属製よりも石製の小刀が使用されることが多い。[佐々木宏幹]

宗教・社会的意味

割礼の意味・目的については、血と生命の供犠、神との契約の「しるし」の付与(ユダヤ教徒の場合)などのほか、忍耐力を試す手段、結婚の準備、性器の聖化、衛生上の理由などさまざまの解釈があり、一定していない。しかし、幼児期に行われようが少・青年期に行われようが、基本的には入社(門)式、成人式の意味をもつ。すなわち割礼は、個人のある集団・社会への加入またはある身分・地位の獲得を儀礼的に表現し、彼を正式の成員として社会的に承認する行事であるとみられる。[佐々木宏幹]
『竹中信常著『宗教儀礼の研究』(1960・青山書院) ▽長谷川真著『ダビデの星――ユダヤ教』(1969・淡交社) ▽ファン・ヘネップ著、綾部恒雄・裕子訳『通過儀礼』(1977・弘文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かつ‐れい【割礼】
〘名〙 男女の生殖器の一部を切開する習俗。特に、男性の陰茎の包皮を切ること。出生直後に行なう民族もあるが、思春期頃に行なわれるのが普通。古来、諸種族に広く行なわれたが、今日でもユダヤ教徒、アラビア・アフリカの諸部族間に残る。宗教的には、清め・奉献・契約の印・成人の証明などの意味づけがなされる。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割礼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

割礼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation