@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

割符【サイフ】

デジタル大辞泉

さい‐ふ【割符】
中世、遠隔地へ送金するために組んだ為替手形。わりふ。切符(きりふ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わり‐ふ【割(り)符】
木片などの中央に証拠となる文字を記し、また証印を押して、二つに割ったもの。当事者どうしが別々に所有し、後日その二つを合わせて証拠とした。符契。符節。割り札。わっぷ。
後日の証拠となるもの。
「握る―は通用しない」〈漱石虞美人草
さいふ(割符)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっ‐ぷ【割符】
わりふ」の音変化。「糸(いと)割符

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

さいふ【割符】
中世の為替手形金銭米穀の預り証書をいう。本来は木やなどのに証明となる文字・文句を書き,中央に証印を押して,これを二つに分割したもの。振出人と支払人とが別々に所有し,支払の際に受領人の持参した割符と支払人所持の割符を合わせて証拠とする。支払人は割符の裏に支払期日を書いて(裏付),支払の証明とする。支払を拒否された割符を違割符という。鎌倉時代のころからこうした割符を利用した為替行為がはじまり,それは替銭替米などとも呼ばれたが,室町時代になって商品流通や遠隔地間交易がいっそう展開すると,京都,山崎,堺,坂本などに割符を取り扱う専業の商人があらわれ,割符屋,割符人と呼ばれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

わりふ【割符 gē fú】
一つの竹や木やの表面に文字などを記し,それを二つに割って別々に所持し,両者を合わせることで互いに相手を信用する方法。 中国では一種の身分証明用のふだとして使用され,剖符とも記す。この制度は,《周礼(しゆらい)》《孟子》に〈符節〉〈符節を合す〉などの語が見えるように,統一秦以前から存在していた。最初は竹の節(ふし)を用い,節のところを縦に割いたものであったことがその名の由来であろう。統一国家になると,特に中央の指令使者が地方に伝えるとき符が用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

かわし【割符】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

わっふ【割符】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

さい‐ふ【割符】
〘名〙 (「さい」は「さき」の変化したもの)
① 中世、遠隔地間の送金手段である替銭を行なう際に振り出された手形。多くの場合、一通につき額面十貫文とし、一種の有価証券として機能した。きりふ。きって。わりふ。
※安芸厳島神社反古経裏文書‐応長元年(1311)七月一二日・明仏替銭状「合拾貫文者〈且参貫文上〉(花押)。右、件御かゑせに、このさいふふみたうらい三ケ日のうち、この御つかいに京とのにしこうちまちのやとにて、さたしわたしまいらせられ候へく候」
② 江戸時代、証文、証判、証拠の意に用いる。
※地方凡例録(1794)八「私所持仕候代々の印形、濃州青野ゲ原御合戦の時、首帳面に記し候首、先祖へ御預りの筋、集房と申文字の判為割符下置候」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わっ‐ぷ【割符】
〘名〙
① 「わりふ(割符)」の変化した語。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)上「此一通は来夏船の割符(ワップ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

わり‐ふ【割符】
〘名〙
① 木片や竹片などに証拠となる文字などをしるし、それを二つに分割したもの。木の札などに文句・文字などを書き、中央に証印を押し、これを二つに分けたもの。当事者どうしが別々に所有し、後日その半分ずつを合わせて正当な当事者であることの証拠とした。わりふだ。符節。符契。わっぷ。
※御代始鈔(1461頃)御譲位の事「木契とて、内記におほせて木にて割符をつくりて、上卿その国に給ふといふ四字を書きて内記に給へば、内記刀と石とを随身して二つにわりて、取合せて上卿に奉るなり」
※多聞院日記‐天正一七年(1589)一一月二一日「預けの具足可渡之由わりふの貝判来る」
② 一般に、後日の証拠となるもの。
※浮世草子・本朝桜陰比事(1689)四「割封(ワリフ)のため此かたきぬつかはす」
③ 中世、為替(かわし)を組む時に発行された手形。切符。さいふ。〔塵芥(1510‐50頃)〕
※多聞院日記‐天正四年(1576)七月二五日「南三介高野千日こもり代を往生院万福院の内良慶に申付之、替事わりふ申合遣之」
④ (━する) 物品を貯蔵、移動する時に、員数などを照合・確認すること。
※島津家文書‐文祿二年(1593)七月二七日・豊臣秀吉朱印状「此外あまり兵粮於之者、右応人数割苻、蔵へ可入置也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

割符
さいふ
中世,遠隔地に金銭を送付するために用いられた為替手形
切符ともいう。鎌倉時代,荘園年貢の運送に多く利用されたが,室町時代には商業取引,貸借の決済の方法として発達。専門に扱う替銭屋・割符屋と呼ばれる商人に払い込み,為替手形を組んで送金した。為替 (かわせ(かわし)) ・替銭 (かえせん) ともいい,米を用いるのを替米といった。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

割符」の用語解説はコトバンクが提供しています。

割符の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation