@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

劇詩【げきし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

劇詩
げきし
dramatic poetry
劇形式によるの一種。古代から近世まで戯曲韻文で書かれるのが普通であり,劇詩は戯曲一般を意味していた。散文による近代劇の確立以後は,上演を意図しない詩人の作品に劇詩の名称が用いられる一方で,舞台を意識した作品は詩劇 poetic dramaの名で呼ぶようになった。ドライデンはイギリスで最も重要な『劇詩論』を書いたが,その新版に寄せた T.S.エリオットのエッセーは『詩劇論』となっており,その違いは必ずしも明確ではない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

げき‐し【劇詩】
叙事詩叙情詩とともに詩の三大部門の一。戯曲形式で書かれた詩。詩劇と同義に用いられることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げきし【劇詩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

劇詩
げきし

dramatic poetryの訳語。詩の形式の一種で、直接上演を目的としなくても対話の劇形式で書かれた詩。詩劇の同義語として使われることもある。東西を問わず古来演劇は韻文劇であり、台詞(せりふ)は詩型をとっていた。近代に入ると写実的傾向が強まり、韻文劇の空疎さが指摘されて、散文劇が主流となってきたが、それでも19世紀のロマン派の詩人たちは韻文劇の伝統を捨てず、バイロンの『マンフレッド』(1817)、シェリーの『プロメテウス解縛(かいばく)』(1820)などの劇詩が書かれた。近代日本ではバイロンの影響の濃い北村透谷(とうこく)の『蓬莱曲(ほうらいきょく)』(1891)、島崎藤村の『悲曲琵琶(びわ)法師』(1893)などが劇詩とよばれる。

[藤木宏幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

げき‐し【劇詩】
〘名〙 抒情詩、叙事詩とともに詩の三大部門の一つ。戯曲の形式で書かれるが、上演されなくても、読むことによって十分に鑑賞することができる詩。ゲーテの「ファウスト」、バイロンの「マンフレッド」、北村透谷の「蓬莱曲」など。
※劇詩の前途如何(1893)〈北村透谷〉「これといふ傑作も出ざれば劇詩の流行とも言ふべき程の事もあらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劇詩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劇詩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation