@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

劉勰【リュウキョウ】

デジタル大辞泉

りゅう‐きょう〔リウケフ〕【劉勰】
[466?~532]中国、南朝の文学評論家。東莞莒(とうがんきょ)(山東省)の人。(あざな)は彦和(げんわ)。仏法を修めるかたわら、「文心雕竜(ぶんしんちょうりょう)」を著した。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうきょう【劉勰】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

劉勰
りゅうきょう
Liu Xie
[生]泰始2 (466)頃
[没]普通1 (520)頃
中国,六朝時代の文芸理論家。莒(きょ。山東省)の人。字は彦和(げんわ)。幼少で父を失い,家が貧しかったので結婚もできず,僧門に頼って勉学した。天監の初め,臨川王の記室となり,南康王の記室を経て東宮通事舎人となり,昭明太子に認められた。のち出家して慧地と名のったという。中国における最初の体系的な文学評論書『文心雕竜』の著者として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

劉勰
りゅうきょう
(466?―520?)

中国、六朝(りくちょう)梁(りょう)の文人。字(あざな)は彦和(げんわ)。東莞莒(とうかんりょ)(山東省莒県)の人で、京口(けいこう)(江蘇(こうそ)省鎮口)に居を構えた。幼くして父を失い、家は貧しく結婚もできぬほどであったが、早くから学問を好み、名僧僧祐(そうゆう)のもとに十数年身を寄せて仏教学を学び、定林寺(南京(ナンキン))の経典を整理する仕事に携わった。その間、中国最古の総合的な文学理論の書である『文心雕竜(ぶんしんちょうりょう)』10巻を著した。その書は文壇の重鎮沈約(しんやく)の絶大な評価を受けた。その後、記室、参軍などの小官を経て東宮通事舎人となり、梁の昭明太子蕭統(しょうとう)の信任を得、太子編纂(へんさん)の『文選(もんぜん)』にも彼の創作理論が大きな影響を与えている。晩年、出家して慧地(えち)と名を改めた。

[根岸政子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劉勰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劉勰の関連情報

関連キーワード

金官国古画品録ボニファチウス2世ニカの乱任那(みまな)ユスティニアヌス(1世)債権質認定こども園05年の台風14号災害患者等搬送事業

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation