@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

劉安【りゅうあん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

劉安
りゅうあん
Liu An
[生]文帝1(前179)?.江蘇
[没]元狩1(前122)
中国,前漢高祖で,淮南王。『淮南子』の撰者。呉楚七国とともに景帝に対して謀反を企てて果たさず (→呉楚七国の乱 ) ,のちに多くの士を養って武帝の時代に再び兵しようとしたが,事前に発覚し,捕えられて自殺した。好み,多くの賓客とともに『内書』 21編,『中書』8編,『外書』 23編を著した。『淮南子』はその一部である『内書』にあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅう‐あん〔リウ‐〕【劉安】
[前179~前122]中国、前漢学者高祖の孫。淮南(わいなん)。学者数千人を招いて「淮南子(えなんじ)」を編纂(へんさん)。のち、謀反が発覚して自殺。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうあん【劉安 Liú Ān】
?‐前122
中国,漢の高祖の孫。父の淮南(わいなん)王劉長は,謀反の罪で流刑に処せられて餓死した。父の死後,王位をついだ彼は,呉楚七国の乱(前154)に呉に呼応して挙兵をはかるも果たさず,以後くり返し謀反の隙をうかがったが,やがて計画が中央に漏れ捕らえられて自殺した。生来,読書や弾琴を好み,周囲に数千人の食客を集めて書物の編纂を行っているが,今日に伝わる《淮南子(えなんじ)》はそのわずかに残った1部である。【永田 英正】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐あん リウ‥【劉安】
中国、漢の高祖の孫。淮南(わいなん)王に封ぜられた。文学・方術を好み、多くの学者、文人を食客として抱え、「淮南子」二一巻を編纂した。芸文を好んだ武帝に尊重されていたが、のち謀反の罪にとわれ自殺。前一二二年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劉安」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劉安の関連情報

関連キーワード

鹿児島県の要覧塩化ベンジルフィリッポス[5世]カンファーフィリッポス5世ベンゾピレン作東たつの(市)硫砒銅鉱わいせつ罪

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation