@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

劉少奇【りゅうしょうき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

劉少奇
りゅうしょうき
Liu Shao-qi
[生]光緒24(1898).湖南,寧郷
[没]1969.11.12. 河南,開封
中国の政治家。 1920年フランス留学苦学生団の一員として渡仏し,21年中国共産党入党。 22年から中国労働組合書記部で働き,以後約 15年間労働運動に専念した。毛沢東李立三らと安源炭鉱ストライキを指導し,25年中華全国総工会副委員長に選ばれ,五・三〇運動を指導。国共分裂後はモスクワに留学し,32年党中央政治局委員となり,同年江西ソビエト区に入り長征に参加。 35年北京に潜入し,十二・九学生運動を指導した。 36~42年党中央北方局,中原局,華中局の各書記を歴任,地下工作を指導。 41年皖南事変後の新四軍政治委員となり,その再建に功労があった。 43年党中央書記処書記,中央革命軍事委員会副主席となった。 45年七全大会で毛沢東思想を打出し,毛沢東の権力強化に貢献,同大会で中央委員,中央政治局委員,副主席,中央書記処書記に選ばれた。 49年中華人民共和国が成立すると中央人民政府副主席となり,54年全国人民代表大会常務委員会委員長に選出された。 56年八全大会で中央委員,中央委員会副主席,中央政治局常務委員に選ばれ,59年毛沢東辞任に伴い国家主席に就任,65年国防委員会主席となった。社会主義建設についての重工業優先,技術優先,エリート尊重などの考え方は次第に毛沢東と対立するにいたり,66年からの文化大革命で「資本主義の道を歩む党内最大の実権派」「中国のフルシチョフ」として徹底的な批判を受け,68年 10月の8期十二中全会で正式に党から除名され,党内外のすべての公職を解任された。 69年監獄につながれ,失意のうちに病死。 80年3月1日五中全会で名誉回復。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅう‐しょうき〔リウセウキ〕【劉少奇】
[1898~1969]中国の政治家。湖南省寧郷(ねいきょう)県の人。モスクワ留学後、1921年に中国共産党に入党。以後、労働運動を主に革命運動を指導。中華人民共和国成立後、国家副主席、1959年には国家主席。文化大革命で批判されて党籍を剝奪されたが、1980年に名誉回復。著「国際主義と民族主義」など。リウ=シャオチー。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リウ‐シャオチー【劉少奇】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうしょうき【劉少奇 Liú Shào qí】
1898‐1969
中国の政治家。湖南省寧郷の出身。1922年,湖南省安源炭鉱の争議を指導して労働運動指導者として頭角をあらわし,25年には全国総工会(労働総同盟)副主席となる。国共分裂後は白区(国民党支配地区)にあって地下工作に従事,29年には東北(満州)で捕らえられたが,身分がばれずに同年釈放された。32年江西ソビエト区に入り長征に参加,35年12月陝北瓦窰堡の中国共産党政治局会議で新設の北方局書記に任ぜられ,北平(北京)に潜行,当時捕らえられていた多数の白区幹部を偽装転向で釈放させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

劉少奇
りゅうしょうき / リウシャオチー
(1896―1969)

中国の政治家。湖南省出身。毛沢東(もうたくとう)も学んだ長沙(ちょうさ)の第一師範に在学したあと、モスクワの東方労働者大学に留学、帰国して1920年社会主義青年団に加入、翌1921年中国共産党に入党、1922年から中国労働組合書記部書記に任じ、湖南省安源炭鉱の争議を指導。1925年中華全国総工会副主席となり、広州、ついで武漢で活動、上海(シャンハイ)では五・三〇事件を指導。国共分裂後は国民党支配地区(白区)で地下工作に従事。1932年江西ソビエト地区に入って長征に参加、長征途次の遵義(じゅんぎ)会議では毛沢東支持の側にたった。陝北(せんほく)から北京(ペキン)に潜行、党地方局、中原局、華中局などの書記として、白区工作を行い、1941年、新四軍事件が起こると、日本軍占領下を通って新四軍地区に赴き、その政治委員として新四軍再建にあたった。1943年延安に戻り、中央書記処書記、人民革命軍事委員会副主任などに任じ、1945年の第7回党大会では中央政治局副主席として毛沢東主席に次ぐ地位についた。その間『共産党員の修養を論ず』(1939)、『党の組織を論ず』(1945)、『国際主義と民族主義』(1948)などの著作を発表、理論面でも重きをなした。1949年新中国成立とともに中央人民政府副主席、人民革命軍事委員会副主席。1954年の第1期人民代表大会では常務委員会副委員長。1956年の第8回党大会では政治報告を行い、党副主席となる。1959年には毛沢東退任の後を受けて国家主席。大躍進政策が行き詰まったあとの調整政策では、鄧小平(とうしょうへい)総書記とともに経済回復に努めたが、そのときの政策が「三自一包」(自由市場、自留地、自営業を多くし、農業生産を各戸請負制とする)として、のちに批判の的とされた。1966年、文化大革命が開始されると、その「三自一包」政策や、階級「協調」論などがあげつらわれ、「資本主義の道を歩む党内最大の実権派」「中国のフルシチョフ」として、王光美夫人とともに激しく批判され、1969年、第9回党大会で除名、公職剥奪(はくだつ)の処分を受けた。同年、河南省で死去。1980年名誉回復の措置がとられた。

[安藤彦太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐しょうき リウセウキ【劉少奇】
中国の政治家。湖南省出身。モスクワ留学後、一九二一年に中国共産党に入党。一九二五年、五・三〇事件を指導。のち、白区地区で労働運動工作に従事したといわれる。人民共和国成立後、五九年、国家主席。この後、文化大革命で資本主義復活の道をたどったと批判され、党籍を剥奪され、政府のすべての職を解かれた。一九八一年、名誉回復。(一八九八‐一九六九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劉少奇」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劉少奇の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation