@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

劉淵【りゅうえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

劉淵
りゅうえん
Liu Yuan; Liu Yüan
[生]?
[没]光興1(310)
中国,五胡十六国 (→前趙 ) の第1代皇帝 (在位 304~310) 。字は元海。諡は光文帝。廟号高祖南匈奴単于の正系の子孫西晋の成都王頴 (えい) に用いられたが,やがて山西に帰って大単于と称し,元煕1 (304) 年には左国城で漢の国を建て王となった。次第に勢力を増し永鳳1 (308) 年には皇帝と称し,河瑞1 (309) 年には平陽 (山西省臨汾) に都を定めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

りゅう‐えん〔リウ‐〕【劉淵】
[?~310]中国、五胡十六国の漢(前趙)の創始者。在位304~310。字(あざな)は元海。諡(おくりな)は光文皇帝。廟号(びょうごう)は高祖。匈奴(きょうど)の出身で、西晋末の内乱に乗じて漢王を称し、308年帝位につき、平陽に遷都

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

りゅうえん【劉淵 Liú Yuān】
?‐310
中国,漢(前)の初代皇帝。在位304‐310年。字は元海。匈奴南単于(ぜんう)の家に生まれ,匈奴貴族の子弟として幼時から儒学を学び,魏末に人質として洛陽に送られた。西晋朝には匈奴五部全体の責任者となり,その包容力ある人柄は部人の強い信頼を受けた。西晋が乱れると,劉氏一族は後漢以来漢人王朝の隷属下にある匈奴族の独立をはかり,劉淵を大単于に推立した。劉淵ははじめ漢王を称し(304),胡族の皇帝は例がないとする当時の通念に抗して,308年(永鳳1)帝位についたが,洛陽攻略を果たさず病した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

劉淵
りゅうえん
(?―310)

中国、五胡(ごこ)十六国時代、漢(後の前趙(ぜんちょう))の初代の君主(在位304~310)。1世紀中ごろ後漢(ごかん)に降(くだ)った匈奴(きょうど)族南単于(ぜんう)の嫡系の子孫で、幼少の時期、人質として魏(ぎ)・西晋(せいしん)の都洛陽(らくよう)で過ごした経験をもち、武芸、学術ともに優れていたという。その後、父の死に伴って郷里に戻り、左部帥(さぶすい)の地位を継ぎ、さらに五部大都督(だいととく)として全南匈奴を統率した。八王の乱が勃発(ぼっぱつ)すると、その1人成都王司馬穎(しばえい)の指揮下に入って転戦したが、のちに離石(山西省離石県)に帰って大単于の位につき、漢王を自称した(304)。さらに皇帝位に上り(308)、蒲子(ほし)(山西省隰(しつ)県付近)から平陽(山西省臨汾(りんふん)市)に遷都して洛陽をうかがったが、果たさずして没した。

[關尾史郎]

『谷川道雄著『隋唐帝国形成史論』(1971・筑摩書房)』『内田吟風著『北アジア史研究 匈奴篇』(1975・同朋舎出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

りゅう‐えん リウ‥【劉淵】
中国、五胡十六国の一つ、漢(前趙)の初代皇帝(在位三〇四‐三一〇)。南匈奴の族長であったが、西晉の衰微に乗じ山西・河東で勢力を拡大、山西省の離石に拠って建国した。三一〇年没。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

劉淵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劉淵の関連情報

関連キーワード

コンスタンティヌス(大帝)議決権コンスタンティヌス[1世]マクシミアヌスマクシミヌス・ダイアエウセビウスオゾン層別所毅彦

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation