@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

劉表【りゅうひょう】

世界大百科事典 第2版

りゅうひょう【劉表 Liú Biǎo】
?‐208
中国,後末の群雄の一人。字は景升。高平(山東省鄒県南西)の人。漢の景帝の子,魯恭王劉余の子孫。若くして八顧とよばれ,有徳者の一人に数えられた。190年(初平1)に荆州刺史となると宗賊(江南の反体制勢力)を平定して江南を支配し,その勢力は南の零陵,桂陽まで及んだ。官渡の戦では袁紹曹操のいずれにも担せずに観望していたが,201年(建安6)に劉備が頼ってきたことから曹操との関係は悪化,208年曹操軍の来襲目前にして劉表は病死し,子の琮(そう)は荆州をあげて曹操に下った。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

劉表」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劉表の関連情報

関連キーワード

危険運転致死傷罪凶器準備集合罪傷害罪ダームスタチウムマルケルスダームスタチウム核種華佗凶器勾留

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation