@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加判【カハン】

デジタル大辞泉

か‐はん【加判】
[名](スル)
公文書に判を加えたり、連判・合判したりすること。また、その判。
公文書に花押(かおう)を加えるような重職。鎌倉幕府では連署(れんしょ)江戸幕府では老中(ろうじゅう)
室町時代以降、借用証に連帯責任を負って債務者とともに署名捺印(なついん)すること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐はん【加判】
〘名〙
① 公文書に判を加えること。またその判。あるいは連判、合判すること。
※吾妻鏡‐建長四年(1252)二月二〇日「其状相州自染筆、奥州被加判処也、他人不之云々」
② 公文書に判を加えるような地位の人。鎌倉幕府の連署、江戸幕府の老中など執政の職にある人。加判の列。連判衆。〔将軍執権次第(1334頃か)〕
③ 室町時代以後、借用証文に債務者とともに判を加え、連帯責任者となること。加判の輩。
※康富記‐文安四年(1447)一二月二八日「借物五結事申請之、以彼入道請人加判
④ 江戸時代、郡代(ぐんだい)、代官に付属する手附(てつき)、手代のうち、元締に次ぐ役職のもの。副元締。元締とともに、郡代、代官所の事務を主管した。
⑤ 江戸時代、博徒一家で、親分(元締)に次ぐもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加判」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加判の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation