@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加圧水型原子炉【かあつすいがたげんしろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加圧水型原子炉
かあつすいがたげんしろ
pressurized-water reactor; PWR
高温水に高圧をかけ沸騰させずに減速材冷却材として使った軽水炉内を循環し熱を取り出す役目の一次冷却水には 100~150気圧の圧力をかけ,200~300℃という高温で運転するように設計されている。炉心で高温になった一次冷却水は,蒸気発生器に送られて,二次冷却水に熱を与え,再び炉心に送り返される。蒸気発生器で間接的に熱を与えられた二次冷却水は蒸気となり,発電用 (船舶用では動力用) のタービンを回す。一次系と二次系が完全に分離されているのが一つの特徴である。現在,沸騰水型原子炉とともに,商用原子力発電の主力として利用されている。もともとはアメリカで原子力潜水艦用の原子炉として開発され,現在でも船舶用の原子炉はすべてこの型に属する。発電用として建設されたのは 1957年のアメリカのシッピングボート原子力発電所が最初。日本では,1970年に運転を開始した関西電力美浜原子力発電所 1号機をはじめとして,発電用動力炉の約半数をこの型の炉が占めている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かあつすいがた‐げんしろ【加圧水型原子炉】
核反応による熱エネルギーを高温高圧の水として取り出す原子炉原子炉容器内を循環する水(一次冷却水)に高い圧力を加えて高温でも沸騰させないようにし、その熱で別の配管を流れる水(二次冷却水)を蒸気に変えて発電機のタービンを回す。特に、加圧水型軽水炉のこと。加圧水型炉PWRpressurized water reactor)。→軽水炉
[補説]沸騰水型原子炉に比べて構造が複雑になるが、放射性物質を一次冷却系に閉じ込めることができる。タービンを遮蔽する必要はない。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かあつすいがたげんしろ【加圧水型原子炉】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かあつすいがたげんしろ【加圧水型原子炉】
軽水を減速・冷却材として使う軽水炉の一方式。原子炉で加熱された加圧水で二次冷却水を加熱し、その蒸気でタービンを回す。 PWR 。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

加圧水型原子炉
かあつすいがたげんしろ
軽水炉の一種。アメリカで開発された。英文のつづりPressurized-Water Reactorの頭文字をとってPWR、あるいは単にPともいう。
 PWRでは、一次冷却系の圧力は約150気圧に保たれている。この圧力の下では、約343℃まで水を沸騰させずに加熱することができるが、熱伝達率を高く保つため、平均315℃まで熱せられる。炉心で加熱された高圧水は、原子炉一次冷却系を循環し、蒸気発生器の二次側へ熱を伝える。二次冷却系の水は圧力が約70気圧で沸騰し、温度が約260℃のタービン用水蒸気になる。燃料棒は、ジルカロイ被覆管に二酸化ウランのペレットを封入したもので、被覆管の直径は約1センチメートル、長さ約4メートル、厚さ約0.6ミリメートルである。電気出力118万キロワットの関西電力大飯発電所(おおいはつでんしょ)4号機を例にあげると、このような燃料棒が、約13ミリメートルのピッチ(間隔)で264本束ねられて一つの燃料集合体をつくり、炉心は、燃料集合体193体で構成されている。
 原子炉の運転中には、燃料棒の中心部の温度は約2000℃、被覆管の表面温度は平均315℃にもなり、わずか5ミリメートルの間で1500℃以上もの温度差が生じている。燃料棒の間を流れる冷却水は、秒速3メートルのジェット流で、定常的に発生熱を運び去っている。軽水炉の特徴は、経済性を追求したために、非常にコンパクトにできており、出力密度が非常に高い点にある。大型PWRの出力密度は約100キロワット/リットル、線出力は500ワット/センチメートル程度である。[桜井 淳]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かあつすいがた‐げんしろ【加圧水型原子炉】
〘名〙 水に高い圧力をかけて沸騰を押さえ、なるべく高い温度の水を得てその高温の水を蒸気発生器に送り、蒸気タービンを回して発電する原子炉。PWR。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加圧水型原子炉」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加圧水型原子炉の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation