@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

カミルレ

デジタル大辞泉

カミルレ(〈オランダ〉kamille)
キク科の一年草または二年草。高さ30~60センチ。全体に香りがあり、葉は羽状に細かく裂けている。夏、周辺が白色で中央が黄色の頭状花を開く。ヨーロッパ原産。花を乾燥して煎じ、発汗駆風剤とする。カモミルラ。カモミールカミツレ
[補説]「加密列」「加密爾列」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

カミツレ【加密列】
オランダ kamille を「加密列」などと表記したために生じた呼び名〕
キク科の一、二年草。北ヨーロッパ原産。高さは30~60センチメートル、葉は羽状に細裂する。全体に芳香がある。夏、茎頂に中心が黄色、周囲が白色の径約2センチメートルの頭花を多数開く。カミルレ。カミレ。カモミール。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カミルレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

カミルレの関連情報

他サービスで検索

「カミルレ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation