@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加水ざくろ石【かすいざくろいし】

日本大百科全書(ニッポニカ)

加水ざくろ石
かすいざくろいし
hydrogrossular

ざくろ石の一種。加水灰礬(かいばん)ざくろ石、ハイドログロシュラーともいう。超塩基性岩中に脈や塊状集合をなして産するほか、ロジン岩rodingite、広域変成岩、スカルン中にも産する。普通は塊状ないし粉末状であるが、まれに微細な八面体の自形結晶がみられる。化学組成上、灰礬ざくろ石に水分が加わった(ケイ酸分が乏しくなる)形のためこの名がある。加水灰礬ざくろ石には水素がケイ素より多くなったもの(H4>Si)があり、その種には加藤ざくろ石(加藤石)katoiteの独立名が与えられている。一般のSi>H4の組成をもつものはヒブシュざくろ石(ヒブシュ石)hibschiteという名称となった。したがって現在、加水ざくろ石の名称は加藤石―ヒブシュ石系列を表す一般名として用いる。

[松原 聰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加水ざくろ石」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加水ざくろ石の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation