@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加治木【かじき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加治木
かじき
鹿児島県中部,姶良市東部の旧域。鹿児島湾奥に位置する。1912年町制。2010年姶良町,蒲生町の 2町と合体して姶良市となった。中心地区の加治木は中世には私郷加治木郷として大蔵氏(のち加治木氏改姓)の支配下にあった。中世末に島津氏領地となり,慶長1(1596)年には島津義弘が加治木城を居城とした。同 7年に島津家久が鹿児島鶴丸城に居を移したのちも,この地方の中心地であった。江戸時代の禅僧文之の墓など史跡も多い。農村部では米,サツマイモ,葉タバコ,チャ(茶)などを産し,デンプン酎の製造業が発達。鹿児島湾岸ではノリの生産もある。文禄1(1592)年の文禄の役(→文禄・慶長の役)後,義弘が朝鮮から連れ帰った陶工子孫によって始められた龍門司焼(小山田焼)は,薩摩焼の一種で県の重要な民芸品。毎年 6月(旧 5月)に行なわれるクモ合戦(→コガネグモ)は有名。秋の太鼓踊吉左右踊(きそうおどり,→棒踊)も特に勇壮さで知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かじき【加治木】
鹿児島県中部、姶良あいら郡の町。郡の中心地。クモ合戦の行事で知られ、特産品に竜門司焼がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

加治木
かじき
鹿児島県中部、姶良郡(あいらぐん)にあった旧町名(加治木町(ちょう))。現在は姶良市の東部を占める地域。鹿児島湾に面する。1912年(明治45)県内で最初に町制施行。2010年(平成22)姶良郡姶良町、蒲生(かもう)町と合併して市制施行、姶良市となった。地域の大部分はシラス台地、丘陵地であるが、南部には沖積平野が展開する。JR日豊(にっぽう)本線、国道10号、九州自動車道が低地部を横断し、加治木インターチェンジをもつ。鹿児島空港にも近い。近世初頭、島津義弘(よしひろ)・家久(いえひさ)時代には一時薩摩(さつま)藩の居城が置かれ、私鋳銭「加治木銭」もここでつくられた。現在は鹿児島市の近郊都市で兼業農家が多く、また食品、木工などの中小工場の進出も目だつ。特産の竜門司焼(りゅうもんじやき)は、1598年(慶長3)島津義弘が朝鮮から連れて帰った陶工たちに焼かせたのが始まりといわれ、県指定文化財。コガネグモによる「くも合戦」も旧暦端午(たんご)の節供の行事(現在は6月の第3日曜日)として知られている。また、太鼓踊と吉左右(きそう)踊(棒踊の一種)は県指定無形民俗文化財。[田島康弘]
『『加治木町郷土史』(1960・加治木町) ▽『加治木郷土誌』(1966・加治木町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かじき かぢき【加治木】
鹿児島県中部、鹿児島湾北岸の地名。近世初期、島津義弘・家久の頃、城下町として栄えた。特産は龍門司(りゅうもんじ)焼。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加治木」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加治木の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation