@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加法定理【かほうていり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加法定理
かほうていり
addition theorem
xy に対する関数値を,xy に対する関数値で表現する公式。たとえば指数関数に対する ex+yexey 。具体的な加法定理は,三角関数指数関数ベッセル関数楕円関数などについて与えられる。以下では正弦余弦に関するもののみを述べる。2つの角α,βの和の三角関数には,次の諸公式が成り立つ。これらを総称して加法定理という。正弦 sin ,余弦 cos に関して
これらに対して α-β に対する公式を,減法定理ということがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かほう‐ていり〔カハフ‐〕【加法定理】
関数f(α+β)=Ff(α),f(β)}の関係で表される定理。三角関数では、sin(α±β)=sinαcosβ±cosαsinβやcos(α±β)=cosαcosβ∓ sinαsinβなどの定理。→確率の加法定理

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

加法定理【addition theorem】
三角関数に関する次の定理をいう.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かほうていり【加法定理 addition theorem】
(1)三角関数の最も基本的な公式に次のものがある。(I)sin(xy)=sinxcosy+cosxsiny(II)cos(xy)=cosxcosy-sinxsiny(III)tan(xy)=tanx+tany/(1-tanxtany)これらの公式を三角関数の加法定理と呼ぶ。公式(III)はtan(xy)をtanx,tanyの関数として表している。このように,一つの関数f(x)について,f(xy)をf(x),f(y)の関数として表す式f(xy)=F(f(x),f(y))をf(x)の加法定理または加法公式という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

加法定理
かほうていり
数学において加法定理とよばれているものはいろいろあるが、ここではもっとも一般的なものとして次の二つをあげる。
(1)三角関数の加法定理 次の公式をいう。

(2)確率における加法定理 k個の事象E1,E2,……, Ekがあって、このうちのどの二つも同時におこることはないとする。すなわちE1,……,Ekが排反事象であるとする。このときE1,……, Ekのうちの少なくとも一つがおこるという確率pは、各事象Eiのおこる確率p(Ei)の和に等しい。
  p=p(E1)+p(E2)+……+p(Ek)
これが確率における加法定理である。この定理は古典的な確率論では次のようにして証明される。「全部でN通りの場合があって、どの場合がおこるのも同様に確からしいとする。事象Eiに対応する場合がni通りであるとするとp(Ei)=ni/Nである。一方、E1,……, Ekのうちのどの二つをとっても同時におこることはないから、これらk個のうちの少なくとも一つがおこる場合の数はN=n1+……+nkである。したがって

である」。確率論を公理的に構成するときは、「E1、E2が排反事象であるとき、E1、E2のうちの少なくも一方がおこる確率p(E1∪E2)は、p(E1)とp(E2)の和に等しい」という性質を確率に関する公理と考える。[古屋 茂]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かほう‐ていり カハフ‥【加法定理】
〘名〙
① 三角関数の一群の定理。次のような等式からなる。(複号同順)。
② 関数 f(x) の x+y における値 f(x+y) が、f(x) と f(y) とから一定の方式で計算される場合の、その方式に対する呼称。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加法定理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加法定理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation