@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加法【かほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加法
かほう
addition
四則計算の一つ。加法には,集合数的に2つのものを合併する「寄せ算」的なイメージと,順序数的にある到達点にさらに追加する「足し算」的なイメージとが考えられる。前者は,2つの集合が合併されるとき,それのになっている量の加えられる測度の加法性へと発展するし,後者は,アフィン空間の点にベクトルの作用によって移動の生じるベクトルの加法性へと発展する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

か‐ほう〔‐ハフ〕【加法】
二つ以上の数や式を加え合わせて和を求める計算法。足し算。⇔減法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かほう【加法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かほう【加法】
二つ以上の数を加える計算の方法。その結果を和という。寄せ算。足し算。 ⇔ 減法

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

加法
かほう
二つの数に対して、それを加え合わせて第三の数を求めることをいう。得られた第三の数を二つの数の和という。初めの二つの数のうち、加えられる数を被加数、加える数を加数という。たとえば、3+5=8では、3が被加数、5が加数、8が3と5の和である。加法のことを加え算(くわえざん)、寄せ算(よせざん)、足し算(たしざん)ともいう。加法は、二つの量の合併の結果を求める場合、一つの量にもう一つの量を付け加えた結果を求める場合などに用いられる。三つ以上の数の加法は、まず二つの数の和を求め、それに次々と加えていけばよい。加法では、交換法則a+b=b+aと結合法則(a+b)+c=a+(b+c)が成り立つ。[三輪辰郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐ほう ‥ハフ【加法】
〘名〙 二つ以上の数または数式を加えてその結果を求める算法。足し算。寄せ算。加え算。⇔減法。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation