@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加減【カゲン】

デジタル大辞泉

か‐げん【加減】
[名](スル)
加えることと減らすこと。数学で、加法と減法。
適度に調節すること。程よくすること。「暖房を加減する」「加減して採点する」
物事の状態・程度。物のぐあい。「風の加減で波の音が聞こえる」「湯の加減をみる」
からだのぐあい。健康状態。「お加減はいかが」「加減が悪い」
[接尾]動詞の連用形や状態を表す名詞に付く。
ぐあい・程度の意を表す。「焼き加減」「塩加減
そのような傾向、そのような気味である、の意を表す。「うつむき加減
ちょうどよい程度である、の意を表す。「ちょうど食べ加減のメロン」「入り加減

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

か‐げん【加減】
[1] 〘名〙
① (━する) 加えることと減らすこと。加わることと減ること。また、数学で加法と減法。
※和英語林集成(初版)(1867)「Kagen カゲン 加減(マシタリ、ヘラシタリ)」 〔晉書‐刑法志〕
② (━する) 適度に調節すること。ほどよくすること。
※御湯殿上日記‐文明一六年(1484)一〇月九日「御くすりかけんしてまいる」
※青年(1910‐11)〈森鴎外〉八「余程加減をして歩くらしいのである」 〔白居易‐対酒閑吟贈同老者詩〕
③ 物事の状態や程度、調子。健康、時候、味覚、その他について広くいう。
※羅葡日辞書(1595)「Fero〈略〉ソラノ caguenno(カゲンノ) アシキ トコロニ スミ ナルル」
※十三夜(1895)〈樋口一葉〉下「夫(それ)ではお前(まへ)加減(カゲン)でも悪(わ)るいか」
[2] 〘接尾〙
① 具合。程度。また、適度に調節すること。
※料理物語(1643)一七「うどん ゆでかげん」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「尻尾の垂れ加減」
② ある傾向であること。ややそのような具合であること。
※田舎教師(1909)〈田山花袋〉九「少し低頭(うつむき)加減に顔を赤くしてゐる」
③ ちょうどよい程度。「湯が入り加減だ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加減」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加減の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation