@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加藤弘之【かとうひろゆき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

加藤弘之
かとうひろゆき
[生]天保7(1836).6.23. 但馬,出石
[没]1916.2.9.
幕末から明治にかけての政治学者。佐久間象山のもとで西洋法学を修め,坪井為春に蘭学を学んだ。万延1 (1860) 年に幕臣となり,開成所准教授,大目付勘定頭をつとめた。その間にドイツ語を学び,『隣草』『立憲政体略』を著わし,立憲政体論を初めて日本に紹介した。のちに明治新政府の政体律令取調御用掛となった。 1873年森有礼らと明六社を組織。『真政大意』『国体新論』を著わし共和論,天賦人権論を唱えたが,74年民撰議院設立には時期尚早として反対。 82年『人権新説』を著わし,天賦人権否定論,生存競争説を展開した。 77年東京大学綜理,90年帝国大学総長,さらに貴族院議員,枢密顧問官,帝国学士院院長などを歴任

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かとう‐ひろゆき【加藤弘之】
[1836~1916]思想家教育者。兵庫の生まれ。初め明六社の一員として「真政大意」などで天賦人権・自由平等を説き、立憲政治啓蒙(けいもう)に努めたが、のち「人権新説」などで天賦人権否定論・キリスト教排撃論を展開。東大総長・枢密顧問官などを歴任。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

加藤弘之 かとう-ひろゆき
1836-1916 明治時代の政治学者,教育者。
天保(てんぽう)7年6月23日生まれ。佐久間象山にまなび,蕃書調所教授手伝となる。「鄰草(となりぐさ)」をあらわして欧米の立憲思想を紹介し,明六社に参加。明治7年(1874)民撰議院設立論争で尚早論をとなえる。15年「人権新説」を刊行し,進化論の立場から天賦人権説を批判。14年東京大学綜理,23年帝国大学総長。枢密顧問官。帝国学士院長。大正5年2月9日死去。81歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。
【格言など】神が造物主でなくて人間が造神主であると言わなければならぬ(「迷想的宇宙観」)

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かとうひろゆき【加藤弘之】
1836‐1916(天保7‐大正5)
幕末・明治期の政治学者,教育家。但馬国(兵庫県)出石藩士出身。初め弘蔵。江戸に出て佐久間象山に兵学,洋学を学び,1860年(万延1)蕃書調所教授手伝となる。在職中ドイツ語を学び,西洋の政治社会を研究して翌年《隣草》を,68年(明治1)《立憲政体略》を著し,欧米の立憲政治を紹介した。《真政大意》(1870)を発表後,73年明六社同人となり,翌年民撰議院設立建白に際し,時期尚早論を展開したものの,《国体新論》(1875)を著すなど,このころまで天賦人権論に立脚した平等思想の啓蒙に努めた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かとうひろゆき【加藤弘之】
1836~1916) 国法学者。但馬国出石いずし藩士。維新後、啓蒙思想家として活躍。のち、社会進化論の立場から自由民権論を批判。東大総長・枢密顧問官などを歴任。著「人権新説」「真政大意」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

加藤弘之
かとうひろゆき
(1836―1916)
明治時代の国法学者。天保(てんぽう)7年6月23日、但馬国(たじまのくに)(兵庫県)出石藩(いずしはん)の兵学師範の子に生まれる。家学の甲州流軍学を継ぐため、藩校弘道館(こうどうかん)に学んだのち江戸に出る。伝統的な兵学に飽き足らず佐久間象山(さくましょうざん)の門に入り、洋学に転じた。1860年(万延1)蕃書調所(ばんしょしらべしょ)教授手伝となり、ここで西洋文明の本質は「武備」よりも「政体」にあるとして政治学に転じ、翌1861年(文久1)わが国で最初に立憲思想を紹介した『鄰草(となりぐさ)』を著し、議会制度の必要性を説いた。維新以後も『真政大意』(1870)、『国体新論』(1875)などで立憲制の紹介に努め、明六社(めいろくしゃ)に加わって啓蒙(けいもう)活動を続けた。
 1877年(明治10)新設の東京大学の綜理(そうり)となり、このころからしだいに進化論へと傾斜し、『人権新説』(1882)において、進化論の立場から天賦人権説(てんぷじんけんせつ)を批判した。これは、当時から「転向」と非難され、自由民権派との論争を生んだ。以後、元老院議官、貴族院議員、枢密顧問官、帝国学士院長などを歴任するかたわら、個人誌『天則』を発行し、進化論の立場から国家を根拠づける試みを続けた。『強者の権利の競争』(1893)、『道徳法律進化の理』(1900)などはその成果である。
 その最終的な立場は『自然と倫理』(1912)に示されている。それは、「忠君愛国の行為」は「国家を組成する吾吾(われわれ)人間たる細胞の固有性」であるとする国家有機体説である。一貫して明治政府を擁護しその哲学的基礎づけを提供した。[渡辺和靖]
『田畑忍著『加藤弘之』(1959・吉川弘文館) ▽『日本の名著34 西周・加藤弘之』(1971・中央公論社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かとう‐ひろゆき【加藤弘之】
国法学者。但馬国(兵庫県)出身。開成所教授から維新後、東京帝国大学総長、枢密顧問官などを歴任。初め「隣草」「立憲政体略」で立憲政体思想を紹介し、「真政大意」「国体新論」で天賦人権説を唱えたが、後年、進化論的国家有機体説の立場から「人権新説」を著わし、自由民権論とキリスト教を攻撃した。天保七~大正五年(一八三六‐一九一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤弘之」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加藤弘之の関連情報

関連キーワード

ビュヒナー(Karl Georg Büchner)ショパンディケンズ天保の飢饉郡内騒動ハウスフォスターニコライタルカットニコライ

他サービスで検索

「加藤弘之」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation