@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

加藤美樹【カトウウマキ】

デジタル大辞泉

かとう‐うまき【加藤美樹】
[1721~1777]江戸中期の国学者歌人。江戸の人。本姓河津。号、静廼舎(しずのや)。名は宇万伎(うまき)とも書く。幕臣として務め、賀茂真淵(かものまぶち)に学んだ。弟子上田秋成がいる。「土佐日記解」「静舎歌集」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

加藤美樹 かとう-うまき
1721-1777 江戸時代中期の国学者,歌人。
享保(きょうほう)6年生まれ。延享3年(1746)賀茂真淵入門。県門四天王のひとりとよばれた。美濃(みの)(岐阜県)大垣新田藩につかえ,のち幕府大番与力となる。大坂在番中の門人に上田秋成がいる。安永6年6月10日死去。57歳。江戸出身。前は河津。通称伊右衛門,大助。号は静舎(しずのや)。名は宇万伎ともかく。著作に「雨夜物語だみことば」「土佐日記解」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かとううまき【加藤美樹】
1721‐77(享保6‐安永6)
江戸中期の国学者。戸田淡路守の。宇万伎とも記す。通称五郎左衛門。伊右衛門,大助とも称する。舎号は静舎(しずかや)。26歳で賀茂真淵に入門。和歌よりも古典研究に心を傾ける。1761年(宝暦11)主人の大坂城番に従い,さらに京都二条城御番のため上京,この地で没する。著書に《土佐日記註》《雨夜物語だみことば》《静舎歌集》など。その門下から上田秋成が出ていることは注目すべきである。【南 啓治】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かとう‐うまき【加藤美樹】
江戸中期の歌人、国学者。号は静廼舎(しずのや)。名は宇万伎とも書く。幕府大番の与力。賀茂真淵に学び県(あがた)門四天王の一人とされる。門弟に上田秋成など。著「雨夜物語だみ詞」「土佐日記注」「静舎歌集」など。享保六~安永六年(一七二一‐七七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

加藤美樹」の用語解説はコトバンクが提供しています。

加藤美樹の関連情報

関連キーワード

小糸佐七物蕪村北方戦争北方戦争エルベルフェルト朱一貴インノケンチウス13世享保の改革白隠

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation