@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【レツ】

デジタル大辞泉

れつ【劣】
[名・形動ナリ]劣ること。また、そのさま。
「その浄土こそ寂光の浄土より―なるべし」〈仮・夫婦宗論〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れつ【劣】[漢字項目]
常用漢字] [音]レツ(漢) [訓]おとる
能力や質・品性が他より落ちる。おとる。「劣悪劣化劣弱劣勢劣等愚劣下劣拙劣低劣卑劣優劣陋劣(ろうれつ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

おとり【劣】
〘名〙 (動詞「おとる(劣)」の連用形の名詞化)
① 損をすること。損失。減少。
※太平記(14C後)二一「所領か御引出物(おんひきでもの)かを給はりたらんずるには、莫太(ばくたい)の劣(オトリ)哉」
② 価値、力量、身分、品位などが他と比べて低いこと。また、そのもの。⇔まさり
※落窪(10C後)三「又、北の方の御心ばへ、うく浅ましく、使ひ給へる人よりもおとりにさいなみしを見聞き侍りしかば」
③ 年下であること。
※海人刈藻物語(1271頃)一「春宮はをさなうおはしませば、をとりの人なども、いのちあらば、さしいづる世もや侍らん」
※鳥影(1908)〈石川啄木〉一〇「静子とは一歳(ひとつ)(オト)りの弟の」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

れつ【劣】
〘形動〙 おとっているさま。おとっていてよくないさま。
※古事談(1212‐15頃)三「近来は御子験者とて劣なる事也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

劣の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation