@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

助六由縁江戸桜【すけろくゆかりのえどざくら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

助六由縁江戸桜
すけろくゆかりのえどざくら
歌舞伎狂言。世話物。1幕。歌舞伎十八番の一つ。通称助六』。正徳3 (1713) 年2世市川団十郎によって『花館愛護桜 (はなやかたあいごのさくら) 』の名題で初演。現名題は宝暦 11 (61) 年江戸市村座金井三笑作『江戸紫根元曾我』2番目で初めて用いられ,のちに定着した。花川戸助六実は曾我五郎が名刀友切丸詮議のため吉原けんかを売り,恋人の遊女揚巻に通う意休を待伏せて殺し,刀を奪い返す。母満江の意見のくだりに和事の系統が入っている。男達 (おとこだて) 助六は伊達な江戸っ子の理想像として演じられ,揚巻は傾城最高の役の一つ。桜の盛りの吉原を舞台にした,歌舞伎狂言のなかでも最も華麗な一幕。幕切れ近く,助六が天水桶の水に全身をつける「水入り」がつくのが本格的。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

すけろくゆかりのえどざくら【助六由縁江戸桜】
歌舞伎十八番の一。世話物。一幕。正徳3年(1713)「花館愛護桜(はなやかたあいごのさくら)」の二番目として、江戸山村座で2世市川団十郎が初演。宝暦・明和(1751~1772)ごろ、現在の形がほぼ完成。郭(くるわ)を舞台に、河東(かとう)節を配した江戸歌舞伎の人気作品。通称「助六」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

すけろくゆかりのえどざくら【助六由縁江戸桜】
歌舞伎狂言。世話物。1幕。通称《助六》。歌舞伎十八番の一つで3時間近く(現行1時間半から2時間)を要する華やかな大曲。1713年(正徳3),江戸山村座上演の《花館愛護桜(はなやかたあいごのさくら)》で2世市川団十郎が助六に扮したのが初演とされる。これ以前上方では助六と揚巻を脚色した歌舞伎や浄瑠璃が上演されており,江戸へ移されての初演である。16年(享保1),2世団十郎が2度目の助六を演じたとき,助六が曾我五郎と結びついた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

助六由縁江戸桜
すけろくゆかりのえどざくら
歌舞伎(かぶき)劇。時代世話物。1幕。通称「助六」。歌舞伎十八番の一つ。侠客(きょうかく)花川戸(はなかわどの)助六実は曽我(そが)五郎は、宝刀友切丸(ともきりまる)詮議(せんぎ)のため吉原へ入り込み、愛人の三浦屋揚巻(あげまき)に横恋慕する金持ちの武士髭(ひげ)の意休(いきゅう)のもつ刀こそ友切丸と知り、意休を討って刀を取り返す。ほかにおもな登場人物は、助六の兄白酒売新兵衛実は曽我十郎、母満江(まんこう)、揚巻の妹分の傾城(けいせい)白玉(しらたま)、意休の子分のかんぺら門兵衛、朝顔仙平など。物語は単純だが、絢爛(けんらん)たる吉原仲の町を背景に、揚巻・白玉ら傾城の豪華な道中、揚巻の意休への悪態、助六が河東節(かとうぶし)を地に花道で美しい振(ふり)を見せる「出端(では)」、意休一味との啖呵(たんか)と悪態のやりとり、遊客に喧嘩(けんか)を売って股(また)をくぐらせる滑稽(こっけい)味、助六を意見する母の情愛、また省略されることも多いが、意休を斬(き)った助六が天水桶(おけ)の本水(ほんみず)に隠れる「水入り」のスリルなど、見どころは多い。
 本来は上方(かみがた)で生まれた「助六心中」の情話が江戸で脱化して侠客物になった作品で、1713年(正徳3)4月山村座で2世市川団十郎が初演した『花館愛護桜(はなやかたあいごのさくら)』に始まり、再演の『式例和(しきれいやわらぎ)曽我』(1716)以後は曽我狂言の一部に扱われ、五郎が宝刀詮議のため助六と変名するという構成が恒例になり、三度目の上演(1749)で現行の形式がほぼ定まった。地に河東節を使ったのは1733年(享保18)市村竹之丞(たけのじょう)所演の『英分身(はなぶさふんじん)曽我』からで、その浄瑠璃名題(じょうるりなだい)『助六所縁(ゆかりの)江戸桜』に基づいて、今日の狂言名題が生まれた。歌舞伎十八番に選ばれたのは1832年(天保3)の7世団十郎所演からである。なお、尾上(おのえ)菊五郎家では河東節にかえて他の浄瑠璃を使い、近年は清元(きよもと)地の『助六曲輪菊(くるわのももよぐさ)』に定まっている。[松井俊諭]
『諏訪春雄編著『歌舞伎オン・ステージ17 助六由縁江戸桜ほか』(1985・白水社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すけろくゆかりのえどざくら【助六由縁江戸桜】
歌舞伎脚本。世話物。一幕。金井三笑・桜田治助合作。宝暦一一年(一七六一)江戸市村座初演。上方の「助六心中」が、江戸で侠客(きょうかく)花川戸助六と三浦屋の遊女揚巻の達引として現われたのは、正徳三年(一七一三)山村座の「花館愛護桜(はなやかたあいごのさくら)」が最初で、助六を二世市川団十郎が演じた。以後洗練されて歌舞伎十八番の一つとなったが、現在は河東節によるこの名題に一定し、助六実は曾我五郎が、宝刀友切丸を捜すため吉原へはいり込み、揚巻に横恋慕する髭(ひげ)の意休にけんかをしかけ、刀を手に入れる筋とした。助六。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

助六由縁江戸桜
〔河東〕
すけろく ゆかりのえどざくら
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
補作者
金井三笑 ほか
演者
十寸見河東(4代)
初演
享保18.1(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助六由縁江戸桜」の用語解説はコトバンクが提供しています。

助六由縁江戸桜の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation