@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

助六【スケロク】

デジタル大辞泉

すけろく【助六】
歌舞伎狂言助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」の通称
歌舞伎舞踊長唄。3世桜田治助作詞、10世杵屋六左衛門作曲。天保10年(1839)江戸中村座初演。「助六由縁江戸桜」を舞踊化したもの。
浄瑠璃歌舞伎などの助六物主人公宝永年間(1704~1711)大坂千日寺で遊女揚巻(あげまき)と心中したという万屋(よろずや)助六がモデル。花川戸助六

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

助六 すけろく
浄瑠璃(じょうるり),歌舞伎などの登場人物。
延宝(1673-81)のころにおきた京都の万屋(よろずや)助六と島原の遊女揚巻(あげまき)の心中事件をもとに脚色,上方で心中物として流行。のち江戸の2代市川団十郎が花川戸(はなかわどの)助六として明快な男達(おとこだて)にした助六を演じ江戸庶民の人気を博した。歌舞伎十八番「助六由縁(ゆかりの)江戸桜」として今日につたわる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

とっさの日本語便利帳

助六
いなりずしと巻きずしを組み合わせたもので、歌舞伎十八番の一つ「助六」にちなむ。主人公の恋人が花魁(おいらん)の揚巻なので、「揚」に対応するいなりと、「巻」に対応する海苔巻きの組み合わせをこう呼ぶ。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

すけろく【助六】
(1)万屋助六 元和年中(1615‐24)の京の俠客と伝える(《事実文編》)がさだかでない。宝永年間(1704‐11)に横死,また島原の遊女総角(あげまき)と心中したという。1706年(宝永3)11月,京・早雲座《助六心中紙子姿》,大坂・片岡仁左衛門座《京助六心中》で同時に舞台化され,1709年ころに一中《万屋助六道行》,また義太夫節《千日寺心中》が上演された。さらに義太夫節《万屋助六二代(かみこ)》(1735),《紙子仕立両面鑑》(1768)が成立,上方系心中狂言の主人公として定着し,〈助六心中物〉の系譜をつくった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

すけろく【助六】
歌舞伎十八番の一。「助六所縁江戸桜すけろくゆかりのえどざくら」の通称。世話物。一幕。津打治兵衛作。1713年江戸山村座初演。助六、実は曽我五郎は銘刀友切丸の詮議のため吉原へ出入りするが、恋人三浦屋の揚巻の客、髭ひげの意休の所持する刀が友切丸と知り、取り戻すという筋。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

助六
すけろく
浄瑠璃(じょうるり)、歌舞伎(かぶき)劇、音曲などの登場人物、およびこれを主人公とした作品の通称。延宝(えんぽう)(1673~81)または宝永(ほうえい)(1704~11)ごろ、大坂千日寺であったという町人萬屋(よろずや)助六と島原の遊女揚巻(あげまき)の心中事件が典拠で、京坂では事実に沿った情話として脚色、一中節『蝉(せみ)のぬけがら』『大坂助六心中物語』をはじめ、歌舞伎脚本『助六心中紙子姿』『京助六心中』(ともに1706)、人形浄瑠璃『萬屋助六二代(かみこ)』(並木丈助作・1735)、『紙子仕立両面鑑(かみこじたてりょうめんかがみ)』(菅(すが)専助作・1768)などがつくられたが、江戸ではこれから脱化して「侠客(きょうかく)物」となり、1713年(正徳3)の『花館愛護桜(はなやかたあいごのさくら)』以来代々の市川団十郎が演出を洗練し、歌舞伎十八番の一つ『助六由縁江戸桜(ゆかりのえどざくら)』として今日に伝わった。舞踊化作品も1764年(明和1)2世瀬川菊之丞(きくのじょう)初演の長唄(ながうた)『女助六』をはじめ数多いが、なかでは4世中村歌右衛門(うたえもん)が八変化(へんげ)『花翫暦色所八景(はなごよみいろのしょわけ)』(1839)のなかで踊った長唄『助六』(10世杵屋(きねや)六左衛門作曲)が現存。また、生世話(きぜわ)風のパロディーにした脚本に4世市川小団次が1858年(安政5)に初演した「黒手組助六」があり、『黒手組曲輪達引(くるわのたてひき)』の外題で今日も上演される。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すけろく【助六】
[1]
[二] 歌舞伎所作事。長唄。三世桜田治助作詞。一〇世杵屋六左衛門作曲。天保一〇年(一八三九)江戸中村座初演。四世中村歌右衛門の八変化「花翫暦色所八景(はなごよみいろのしょわけ)」の一つ。河東節を取り入れた作曲。
[三] 常磐津、歌沢、清元の曲名。明治以後の作。
[四] 歌舞伎の「助六」の主人公、花川戸助六。
[2] 〘名〙
① 銭(ぜに)の異称。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)第五一「春の雨独り機嫌に給酔て〈西因〉 向の助六松風ぞふく〈春重〉」 〔浮世草子・新玉櫛笥(1709)〕
② 盗人、てきや仲間の隠語。醤油をいう。〔新しき用語の泉(1921)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典

助六
〔河東〕
すけろく
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
初演
享保18.1(江戸・市村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助六
〔長唄〕
すけろく
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
作者
桜田治助(3代)
演者
杵屋六左衛門(10代)
初演
天保10.3(江戸・中村座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助六
(通称)
すけろく
歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
助六心中 など
初演
宝永3.11(大坂・片岡仁左衛門座)

出典:日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助六」の用語解説はコトバンクが提供しています。

助六の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation