@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

助動詞【じょどうし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

助動詞
じょどうし
auxiliary verb
(1) 西洋語においは,独立性をもった単語ではあが,文法的意義特徴を多く有,本動詞と結びついて,時制,態,法,相どの文法範疇を形成る役割を果すものをいう。英語の will,shall,may,have (完了相) ,be (受動態) など。 (2) 日本語では普通,付属語 (辞) のうち活用のあるものとされている。しかし,その所属内容の点では学説より異なり,特に,(ラ) レル,(サ) セル,タイなどを助動詞とみるか,接尾辞とみるかで分れている。一方,服部四郎の単語認定法によると,普通に助動詞とされているもののうち,ダ,デス,デショウ,ラシイなどごく少数が「付属語」で,残りは単語の一部 (「接合形式」) にすぎないと分析される。日本語では,(1) に相当するものの一部が「補助動詞」である。なお,山田孝雄の文法論では,助動詞の名称を用いず,その大部分を,用言の語尾が複雑に発達したものとして「複語尾」と呼んで,「単語」とは認めない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

じょ‐どうし【助動詞】
品詞の一。付属語のうち、活用のあるもの。用言や他の助動詞について叙述を助けたり、体言、その他の語について叙述の意味を加えたりする働きをする。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょどうし【助動詞】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

じょどうし【助動詞】
国語の品詞の一。付属語で活用のあるもの。用言や他の助動詞に付いて、これにいろいろな意味を加えて叙述を助けたり、名詞その他の語について、これに叙述のはたらきを与えたりする。その表す意味によって、受け身・自発・可能・尊敬・使役・打ち消し・過去・完了・推量・意志・希望・伝聞・様態・断定・比況・丁寧などに分類する。動辞。はたらくてにをは。
ヨーロッパ諸語で、もと独立の動詞であった語が、他の動詞を補助してムードやテンスなどを表すはたらきをなすようになった語。たとえば、英語の shall, will などの類。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

助動詞
じょどうし
日本語の品詞の一つ。辞のうち活用のあるもの。活用のない助詞とともに膠着(こうちゃく)語としての日本語の一大特色をなす。述語の中心をなす詞(主として動詞であるが、体言の場合もある)に付いて述語の構成にかかわり、その動詞の表す事態や陳述を補うが、相互に連接して用いられることも多い。一般に助動詞はすなわち単語の一類として扱われているが、語以下の単位として扱う立場もある。山田孝雄(よしお)は、用言が本来の語尾のみでは表しきれない種々の陳述や属性の表現をなすために、その語尾が複雑に分出したものであるとして複語尾と名づけた。橋本進吉も、ある種の助動詞はむしろ接尾辞に入れるべきであるとしている。活用があるという点に関しても、いわゆる不変化助動詞(現代語ではウ・ヨウ・マイ)の存在に注意する必要がある。一般に助動詞とされているのは表1の諸語である。このほか指定の意のアルを時枝誠記(もとき)は助動詞とするが、一般には補助動詞とする。また、テイル、テシマウ、テヤル、テモラウ、テミルなども動詞について助動詞と同様の働きをなすが、上接語との間に助詞「は・も」が入りうる(笑っているけれど)など、多少独立的なため、補助用言(補助動詞とも)とされる。助動詞として認定される語は学説によって異なる。たとえば、時枝誠記は表1のうち、レル・ラレル・セル・サセル・タイの諸語は客体的なもののあり方にかかわる表現であるところから、助動詞すなわち辞の一種ではなく、詞に属する接尾語であるとし、ソウダ・ヨウダは形式名詞のソウ・ヨウに指定の助動詞ダのついたものとして分解する。山田孝雄は、「ダ・デス・あり(アル)・なり・たり・ごとし」などを形式用言(このうち「あり〈アル〉・なり・たり」などはとくに存在詞と名づける)として複語尾から外す。
 助動詞の分類は諸種の観点からなされる。
(1)活用の型による分類――動詞型、形容詞型、形容動詞型、特殊型など。
(2)接続による分類――未然形接続、連用形接続、終止形接続、連体形接続、命令形接続(文語のみ。已然(いぜん)形接続とする説もある)、および体言接続。
(3)意味による分類――これには種々の説がある。大槻(おおつき)文彦は、所相、勢相、使役相、指定、打消、過去、未来、推量、詠嘆、比況に分けた。山田孝雄は表2のような分類を行い、それが接続する語の活用形による分類や承接順位ともかかわることに触れた。これに近いが、他の語に対する関係をも考えたものに、安田喜代門(きよもん)の分類がある。
(4)相互承接の順位による分類――先の接続による分類と意味による分類とが互いに密接な関係にあることは、すでに山田の指摘したところであるが、橋本進吉はさらに助動詞の相互承接順位のもつ意義の重要性を説き、それが意味や接続による分類、さらにはそれ自身の活用ともかかわるものであることを指摘した(表3)。
(5)構文的職能による分類――渡辺実(みのる)は、真に文法的な分類とは構文的職能によるもの以外にありえぬとして、その職能と助動詞の相互承接順位との接点において2種6類に分類した(表4)。ただし、渡辺自身の品詞分類では助動詞をたてていない。北原保雄(やすお)も構文的職能を規準とし、どのような格の統括機能を具有するかによって分類しうるとする(表5)。
 助動詞という名称は英文典のauxiliary verbの訳語(田中義廉(よしかど)著『小学日本文典』1874)といわれるが、auxiliary verbは、もと本動詞であったものが、他の動詞の不定詞または分詞と結合して、なんらかの補助的意味を加えるようになったものであり、動詞に先行し、独立的である点で、むしろ日本語の補助用言のほうに近い。古く助詞、助動詞のほかに活用語尾、接尾語、一部の副詞などを雑然と含んでいたテニヲハの語が、近世以後研究の進展とともにしだいに助詞と助動詞のみをさすようになり、しかも両者の差を活用の有無によって認識するようになると、助詞の静辞(すわりてには)、躰助語(ウゴカヌテニヲハ)などに対して動辞(うごきてには)、用助語(ウゴクテニヲハ)のような名称も用いられた。[青木伶子]
『大槻文彦著・刊『広日本文典』(1897) ▽安田喜代門著『国語法概説』(1928・中興館) ▽山田孝雄著『日本文法学概論』(1936・宝文館) ▽橋本進吉著『助詞・助動詞の研究』(1969・岩波書店) ▽松村明著『古典語現代語助詞助動詞詳説』(1969・学燈社) ▽渡辺実著『国語構文論』(1971・塙書房) ▽吉田金彦著『現代語助動詞の史的研究』(1971・明治書院) ▽此島正年著『国語助動詞の研究 体系と歴史』(1973・桜楓社) ▽北原保雄著『日本語助動詞の研究』(1981・大修館書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

じょ‐どうし【助動詞】
〘名〙
① 西欧語で、もともと独立した動詞であったものが、他の動詞を補助して相(mood)や時(tense)などを表わす役目を持つようになったもの。独立性の点で、日本語の補助用言に近い。
② 日本語で付属語のうち、活用のあるもの。他の自立語(詞)、または自立語を含む連語に付属して、叙述の意義を補ったり、話手の判断の性質を表現したりする。助詞とともに、付属語、または辞と呼ばれる。動辞。〔語法指南(1889)〕
[補注](1)助動詞の種類は、次のように分けられる。(イ)意味から見て━受身・可能・自発・使役・尊敬・丁寧・打消・過去・完了・推量・未来・意志・希望・指定・比況・様態・伝聞推定・詠嘆など。(ロ)接続から見て━未然形に付くもの・連用形に付くもの・終止形に付くもの・連体形に付くもの・已然形に付くもの・命令形に付くもの・種々の語に付くもの。(ハ)活用形式から見て━動詞型活用・形容詞型活用・形容動詞型活用・特殊活用。
(2)「使役・受身(可能・自発)・希望」の助動詞とその他の助動詞との間に、文節構成上の役割の違いが認められ、学説によってはこれを接尾語とする。
(3)「助動詞」という用語は明治初年に見られるが、まだ一品詞とは認められず、動詞の項で説明され、現在の助動詞以外のものも含められている。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助動詞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

助動詞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation