@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

助教【じょきょう】

知恵蔵

助教
日本の大学教員職階は、学校教育法によって教授助教授助手(及び大学の判断によって講師)となっていた。このうち助手の職務は教授、助教授を補助すると規定されているだけで、位置付けが曖昧であった。文部科学省は学校教育法の改正(2007年4月施行)によって、助教を設けると共に、現在の助教授を準教授(Associate Professor)とすることとした。助教は独立授業を担当でき、教員の一員として数えられることになる。現在の助手のうち、教育を担当するものを助教とすることができるが、教育研究の補助を主な業務とするものは助手の名称を引き続き用いる。
(金子元久 東京大学教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

助教
准教授」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

じょ‐きょう〔‐ケウ〕【助教】
大学・高等専門学校の教員の職階の一。准教授の下。平成17年(2005)の学校教育法改正で新設。「専攻分野について、教育上、研究上又は実務上の知識及び能力を有する者であって、学生を教授し、その研究を指導し、又は研究に従事する」と規定される。平成19年(2007)4月施行。→助手
教授・教諭を補佐する役。また、その人。
「舌氏始め郷塾にありて―たり」〈中村訳・西国立志編
律令制大学寮の一。博士を助けて教授や課試に当たった。定員2名。正七位下相当官。助博士(すけはかせ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

じょきょう【助教】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょ‐きょう ‥ケウ【助教】
〘名〙
① 令制の大学寮で、博士を助けて授業や課試にあたった官人で、明経科にのみ置かれていた。定員二名で、正七位下相当。すけはかせ。
※令義解(833)職員「助教二人。〈掌同博士〉」
② 教授や教諭の職務を補佐する役目。また、その人。
※西洋学校軌範(1870)〈小幡甚三郎訳〉普魯士学校「扨大学校の教授人並助教の員数は甚しく増加し」 〔柳宗元‐四門助教庁壁記〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

助教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation