@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

助触媒【じょしょくばい】

世界大百科事典 第2版

じょしょくばい【助触媒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

じょ‐しょくばい【助触媒】
〘名〙 触媒の活性を増すために加えられる物質。たとえばアンモニア合成用の鉄触媒に加えられているアルミナや酸化アルカリをいう。促進剤。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

助触媒
ジョショクバイ
promotor

促進剤ともいう.触媒の主成分の活性あるいは選択性を増大させる成分.通常,主成分はそれ自体でも活性があるものであり,助触媒単独では活性がない.アンモニア合成触媒では鉄が主成分で,アルミナ,酸化カリウムが助触媒であるが,アルミナは鉄の粒子を分散させて表面積を大きくし,焼結しないように保つ効果をもち,酸化カリウムは窒素分子の活性化を助ける化学的効果をもつ.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助触媒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

助触媒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation