@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

労・請・犒【ねぐ】

精選版 日本国語大辞典

ね・ぐ【労・請・犒】
〘他ガ上二〙
① (請) 神の心を慰め、その加護を願う。
※書紀(720)神功摂政前(熱田本訓)「和魂を請(ネキ)て王(み)船の鎮(しつめ)としたまふ」
② 苦労を慰める。いたわる。ねぎらう。
※古事記(712)中「何とかも汝の兄、朝夕の大御食に参出来ぬ。専ら汝泥疑(ネギ)教覚(をし)へよ〈泥疑二字音を以ゐる〉」
[補注](1)①の意は通常「ねぐ(祈)」に含めて考えられているが、「時代別国語大辞典‐上代編」の、他の心を慰めいたわる意を原義とし、上位に対するとき願う意に、下位に対するときねぎらう意になるとする説に従う。「続日本紀」に「禰宜」の表記のある、神職の「ねぎ」も、この上二段活用動詞①の連用形の名詞化とすれば、「宜」が乙類の文字であるのとよく合う。
(2)②は、連用形語尾の「疑・宜」が乙類の文字であるから、四段活用ではなく上二段活用と認められる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労・請・犒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

労・請・犒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation