@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

労働総同盟【ろうどうそうどうめい】

世界大百科事典 第2版

ろうどうそうどうめい【労働総同盟】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

旺文社世界史事典 三訂版

労働総同盟
ろうどうそうどうめい
Confédération Générale du Travail
フランス最大の労働組合連合体。略称CGT
1895年設立。サンディカリスム原則とし,ゼネストによる資本主義打倒を唱えたが,第一次世界大戦に協力。これに不満の革命派は1922年統一労働総同盟(CGTU)を結成し,共産党の指導を受けた。人民戦線運動の高まりとともに,1936年両組織は合同し,新CGTは500万を組織した。第二次世界大戦中,共産党の影響下に対独レジスタンス運動の中心となり,フランス解放に成功した。1947年,共産党の指導下にはいったため社会党系幹部は脱退したが,フランス最大の労働組合組織で,現在,世界労働組合連盟に加盟している。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労働総同盟」の用語解説はコトバンクが提供しています。

労働総同盟の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation