@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

労務管理【ろうむかんり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

労務管理
ろうむかんり
labour management
従業員の賃金・労働時間など労働条件一般,福利厚生労使関係など,おもに組織労働者に対する集団的な管理をいう。個々の従業員に対する採用配置人事考課など個別的管理を内容とする人事管理と区別されるが,両者はしばしば混同され,同義に用いられることが多い。第2次世界大戦後は両者を合せた人事労務管理という呼称が一般化している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ろうむ‐かんり〔ラウムクワンリ〕【労務管理】
企業において、経営者などがその従業員に対して行う管理。労働条件一般・福利厚生・労使関係などを含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ろうむかんり【労務管理 labour management】
経営は,金銭的資源,物的資源,人的資源などの多くの資源がそれぞれの機能を発揮することによって,維持発展される。これらの資源のなかでもとくに人的資源は重要である。この人的資源がその本来の機能を発揮しうるように環境条件を整備することが,労務管理の目的である。労務管理の内容としては,以下の諸項目があげられる。まず適性のある人材の採用から始まり,適への配置,配置された職務を遂行しうる能力を開発するための教育,仕事の成果の公正な評価,評価にもとづく処遇すなわち賃金給与による処遇と昇進とである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

労務管理
ろうむかんり
labour management

組織体が、自己の保有する人的資源の効率的利用を図るために行う一連の計画的・体系的施策。類似する語として人事管理があるが、両者の区分および関係について、絶対的に支配力をもつ説があるわけではない。しかし多くの説は、両者を包括するものを広義の労務管理とし、人事管理を人的資源の直接利用に関する管理すなわち労働力管理とするとともに、これと並立する狭義の労務管理においては、文字どおりの組織資源すなわち労働力としての存在以外の人間の諸側面に焦点を置き、それらに関係する諸条件の改善によって人事管理を背後から有効にする諸施策を問題にする。ここでは、この意味の狭義の労務管理について、その内容を説明する。

 労働力としての存在以外の人間的諸側面とは、(1)生物的存在として生活を営む人間の側面、(2)社会的存在として集団的相互作用をする人間の側面、および(3)主体的存在として意思決定をし自己主張する人間の側面の三者をいう。労務管理は、このような人間としての存在に不可欠な三つの側面について、組織体の側から諸施策を計画的・体系的に提供し、それによって組織目的に対する労働力の有効発揮を促進しようとするのである。したがって、労務管理の具体的内容は、これら三つの人間的側面に対応するものとなる。

 第一の生物的存在としての人間に対する施策は、福利厚生と総称されるものである。そのねらいは、労働力の再生産と維持をよい生活条件によって促進することにある。具体的には、各種の法によって実施を強制されている法定福利厚生と、組織体がそれに上乗せして任意に実施する法定外福利厚生に大別される。法定福利厚生には、厚生年金保険、労災法定補償、労働者災害補償保険、健康保険、雇用保険、および船員保険にかかわる使用者(組織体)側の負担分がある。これらは、現在および将来の身体的健康を法的強制によって統一的に確保するとともに、万一それが労働災害等によって損なわれた際の補償を準備する性格をもっている。いわば人間存在の下限を確保するための施策とみなされる。したがって、その内容に組織体間の格差は存在しない。法定外福利厚生は、住宅(単身用、世帯用)、医療保険(医療施設、健康診断など)、生活支援(給食、購買施設、被服支給、通勤サービス、託児・保育施設、家族援護など)、経済的支援(低利貸付金、社内預金、育英制度など)、文化行事、体育・レクリエーション(施設、活動費支給、企画など)などを含んでいる。これらは、従業員とその家族の生活の充実を図り、身心ともに健康的な状況の実現を通じて労働の効率化に寄与しようとするものである。その内容と水準は、組織体により相違し、とくに規模別格差が大である。

 第二の社会的存在としての人間に関する施策は、人間関係管理とよばれるものである。1920年代後半以降の人間関係論は、組織体における従業員の労働効率が、物的・生物的条件(例、照明や温度のような作業条件)よりも、彼ら自身の内的な心情的条件(例、愉快・不愉快のような心理的状態)によってより大きく左右されることを明らかにした。1950年代以降の行動科学は、動機づけや職務満足度という点から、このことをいっそう明確にした。人間関係管理は、このような知見に基づいて、従業員の健全な心情的条件の形成を通じて勤労意欲(モラール)の向上を図ろうとする施策である。具体的には、職場のコミュニケーションをよくするための職場懇談会、自己表現欲を満たすための提案制度、全体的コミュニケーションの手段としての社内報、上司と部下のコミュニケーションをよくするための面接制度、健全な心理状態をつくるための専門家によるカウンセリング制度などがある。全体として意思疎通が柱になっている点に特色がある。

 第三の主体的存在としての人間に関する施策は、各種の参加である。参加は、一般従業員を組織体の意思決定に関与させ、彼らの主体的意思をそこに反映させることをいう。具体的には、従業員代表制度、労使経営協議会、目標管理制度、労働者重役制度、ジュニア・ボード(従業員代表による準取締役会)などがある。参加の意味を拡大して、従業員持株制、利潤分配制、経営成果分配制を含めることも少なくない。

[森本三男]

『山下昌美著『現代労務管理の再構築』(1994・白桃書房)』『島袋嘉昌編著『労務管理』(1984・中央経済社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろうむ‐かんり ラウムクヮンリ【労務管理】
〘名〙 経営者が労働者を企業の経営目的に最も適した状態に置くために行なう方策。人事・賃金・労働時間・安全衛生・福利厚生など労働条件を改善することや、労働者を教育訓練して知識と技能を高めることなどを含む。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労務管理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

労務管理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation