@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勅旨【チョクシ】

デジタル大辞泉

ちょく‐し【勅旨】
天皇の意思。詔勅の趣旨。
律令制で、天皇の命を下達する文書。尋常の小事の場合に用いられた。→詔書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょくし【勅旨】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちょく‐し【勅旨】
〘名〙
① 古文書の様式の一つ。勅書と称することが多く、詔と同じく、天皇の勅命を下す文書。詔書は大事に、勅旨は小事に用いるとされていたが、詔書と勅旨の区別は明瞭でない。勅旨は漢文体で書かれ、宣命体になることはなかった。養老令公式令に勅旨の文例と発給手続が示してあるが、これに似かよった文書の実例はない。「勅旨」と書き出すのが様式上の特徴。
※令義解(718)公式「勑旨式。勑旨云々」
② 天子の意思。天皇のおぼしめし。
※三代格‐四・大同四年(809)三月一四日「謹依勅旨、加増并新置等員如件」 〔梁昭明太子‐謝勅賓制旨大般若経講疏啓〕
③ 旧憲法のもとで、皇室・国家・陸海軍統帥の事務について、天皇がみずから発した処分令。
※公式令‐明治四〇年(1907)一条「皇室の大事を宣誥し及大権の施行に関する勅旨」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勅旨
ちょくし

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勅旨」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勅旨の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation