@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勅選議員【チョクセンギイン】

デジタル大辞泉

ちょくせん‐ぎいん〔‐ギヰン〕【勅選議員】
明治憲法下の貴族院議員の一。国家勲功があり、または学識ある満30歳以上の男子で、特に勅任された任期終身

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょくせんぎいん【勅選議員】
1889年貴族院令の規定にもとづき勅任された貴族院議員。満30歳以上の男子で国家に勲功ある者もしくは学識経験者の中から,政府の推薦にもとづき天皇が任命する終身議員で,多額納税議員との合計が有爵議員総数を超えない範囲で任命された。その後,貴族院令改正で,1905年には125名以内と規定され,帝国学士院会員の互選による4名の勅選議員が別枠となった。元老山県有朋の生存中は,貴族院内における山県閥の拠点であったが,政友会も自派の勅選議員を集めて交友俱楽部を結成した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょくせんぎいん【勅選議員】
旧憲法下、満三〇歳以上の男子で国家に勲功がある者もしくは学識ある者の中から勅任された貴族院議員。任期は終身。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勅選議員
ちょくせんぎいん
帝国議会の貴族院を構成する議員制度の一種。1889年(明治22)2月11日公布の貴族院令で規定された。「国家ニ勲労アリ又ハ学識アル」「満30歳以上ノ男子」のなかから勅任された議員で任期は終身とした。翌年の9、10月に勅任された議員の多くは官僚で、そのほかに若干の学者と財界代表が選ばれた。貴族院内ではもっとも積極的な分子として各会派に分散して活躍したが、明治時代には茶話会、無所属派に比較的多く、大正時代には交友倶楽部(くらぶ)にも多く所属した。1905年(明治38)の改正で、その総数は125人を超えないものとされた。日露戦争の前後には山県有朋(やまがたありとも)系の官僚や軍人の選任が目だったが、明治末年以降からは政党の長老も勅任されるようになり、政党内閣の時代に入ると内閣総辞職の前に与党色の強い官僚や政党員を勅任するという悪慣習を生んだ。25年(大正14)の改正で、身体、精神の衰弱で職務に堪えられない者は勅裁によって辞任できることになり、また昭和に入って実業家代表が比較的多く勅任されたが、官僚優位の大勢は変わらなかった。45年(昭和20)4月貴族院令が改正され、朝鮮・台湾の代表として10名が任命され、8月15日付で勅任されたのが勅選議員選任の最後となった。第二次世界大戦敗戦後は、戦犯指名や公職追放など種々の事情から辞任する者が少なくなかった。[宇野俊一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょくせん‐ぎいん ‥ギヰン【勅選議員】
〘名〙 旧憲法下の貴族院の構成議員。満三〇歳以上の男子で、国家に勲功があり学識のある人物で特に勅任されたもの。任期は終身。昭和二二年(一九四七)廃止。
※東京日日新聞‐明治二三年(1890)一〇月九日「今の勅選議員伊丹重賢氏に計られしに」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勅選議員」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勅選議員の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation