@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

動粘性率【どうねんせいりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

動粘性率
どうねんせいりつ
kinematic viscosity
粘性係数ともいう。粘性率 μ と密度 ρ との比 ν=μ/ρ を動粘性率という。 SI 単位は m2/s ,CGS 単位はストークス (記号 St ,cm2/s ) である。粘性力の大きさ自身は粘性率 μ の値によって決るが,粘性流体の流れの性質は粘性力と慣性力との比によって決るので,その意味では動粘性率 ν の値のほうが重要である。気体では液体に比べて,粘性率 μ の値は小さいが,逆に動粘性率 ν の値は大きい。 (→ナビエ=ストークス方程式 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

どうねんせい‐りつ【動粘性率】
流体の粘性の度合い。粘性率を密度で割った国際単位系では平方メートル毎秒(m2/s)、CGS単位系ではストークスSt)が用いられる。動粘度動粘性係数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

動粘性率
流体の粘性率ηを密度ρで割った値ν=η/ρ.粘性流体の中を動く物体に働く力は粘性率そのものによるのに対して,流れの状態は動粘性率に支配される.単位は国際単位系ではm2/sである[長倉ほか : 1998].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どうねんせいりつ【動粘性率】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

動粘性率
ドウネンセイリツ
kinematic viscosity

動粘度,運動粘度ともいう.流体の内部抵抗を示す物性で,粘度(粘性率)ηを密度ρで割った値.記号はη/ρまたはν.τをずり応力,dv/dyを速度勾配(vは壁面からy離れた点の流速)とすると,流体の粘性に関するニュートンの法則は,次式で表される.

ρvは単位体積当たりの運動量であるから,η/ρは運動量移動の拡散係数である.動粘度の単位はストークSt(cm2 s-1=10-4 m s-1)で,ストークの1/100をセンチストーク cSt という.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動粘性率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

動粘性率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation