@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勘亭流【かんていりゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勘亭流
かんていりゅう
歌舞伎の看板番付,正本その他に用いられる文字の書体岡崎屋勘六 (1746~1805。号は勘亭) の創始といわれる。肉太で丸みがあり「内へ入る」書体は縁起をったものとされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんてい‐りゅう〔‐リウ〕【勘亭流】
歌舞伎番付・看板などを書くのに用いる肉太で丸みのある書体。江戸の書家岡崎屋勘六(号、勘亭)が、安永8年(1779)中村座狂言名題を書いたのが始まり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

勘亭流
歌舞伎の看板などに用いる肉太で丸い文字。江戸中村座の手代・岡崎屋勘六(勘亭)の創案

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

世界大百科事典 第2版

かんていりゅう【勘亭流】
歌舞伎の看板,絵本番付(プログラム)などに用いる独特の書体。筆太で,すきまなく,内へ丸く曲げるように書く。内へ丸く曲げるのは,観客が入るという縁起をかついだものである。1779年(安永8)江戸堺町の書道指南岡崎屋勘六(1746‐1805)が中村座のために発明したのがはじまり。勘六は号を勘亭といい,そこから勘亭流という流派がうまれた。【渡辺 保】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんていりゅう【勘亭流】
歌舞伎の看板や番付ばんづけなどに用いられる書体。江戸中村座の看板を書いた岡崎屋勘六(号、勘亭)が始めたもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勘亭流
かんていりゅう
歌舞伎(かぶき)で、看板・番付や台本・書抜(かきぬき)の表紙などの文字に使われる特殊な書体。線が太く、丸みのある字で、筆法も縁起をかついで「内へはいる」書き方をする。1779年(安永8)、江戸の書道家岡崎屋勘六(かんろく)が中村座の狂言名題(なだい)を書き、勘亭と署名したのが始まりで、関西にも伝わり、現代でも歌舞伎を象徴する文字として広くポスターの字などに使われる。[松井俊諭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんてい‐りゅう ‥リウ【勘亭流】
〘名〙 書体の一種。芝居の看板、番付、正本などを書くのに用いるもの。江戸時代に通行していた御家流をもとに、起筆・終筆に特徴をもたせ、全体として肉太で丸味を帯びる。江戸堺町の御家流指南・岡崎屋勘六(号、勘亭)が、安永八年(一七七九)、中村座の「御摂年々曾我(ごひいきねんねんそが)」の看板を書いた書体に始まるという。江戸文字。
※随筆・一話一言(1779‐1820頃)補遺「中村座は仕切場勘六俳名勘亭と云世に勘亭流と称す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勘亭流」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勘亭流の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation