@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勘定【カンジョウ】

デジタル大辞泉

かん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【勘定】
[名](スル)
物の数量、または金銭を数えること。「売上金の勘定が合わない」「人員を勘定する」
代金を支払うこと。また、その代金。「勘定を済まして店を出る」
他から受ける作用や、先々生じるかもしれない事態などを、あらかじめ見積もっておくこと。「列車の待ち時間を勘定に入れて行動する」
いろいろ考え合わせて出た結論。「うまくいけばみんなが得をする勘定だ」
簿記で、資産負債資本増減収益費用の発生を記録・計算するために設ける形式

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんじょう【勘定 account】
簿記,とくに複式簿記上の記録・計算の単位のことをいう。a/c略記する。複式簿記では,企業の経済活動およびその結果を,資産,負債,資本,収益および費用の5要素に分けて,記録・計算し,その増加高,減少高および残高,また発生高,取消高および純発生高を示す機構を有するが,各要素を構成する具体的な記録・計算の単位が勘定である。したがって,その勘定の内容を示す名称勘定科目として付することにより,記録・計算の内容が具体化する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんじょう【勘定】
スル
物の数や金銭などを数えること。 人数を-する
代金を払うこと。また、その代金。 料理屋の-を済ませる
見積もり。予測。 -の外ほかの出来事
物事の利害を計算すること。 -が先に立つ人 損得-
いろいろと考え合わせたあげくの結論。 結局は損得なしになるという-さ
簿記で、資産・負債・資本などについてその増減を記すための区分。現金勘定・資本金勘定など。
考え定めること。かんてい。 ただ身ひとりの上を-すべし/こんてむつすむん地 が原義

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勘定
かんじょう
account
簿記上の記録や計算の単位のこと。複式簿記では企業の経済活動を資産、負債、資本、収益、費用の五つの要素に分けてその増減変動を記録するが、これら五つの要素は形態別あるいは原因別に細分化され、それぞれの増減変化が記録計算されることになる。たとえば、資産については、現金、預金、土地、機械などの形態別に勘定が設けられ、収益については、売上、受取利息、固定資産売却益などの原因別に勘定が設定される。各勘定の内容を表示する名称、たとえば現金、預金、売上、受取利息などを勘定科目といい、増減変動を記録・計算する場所を勘定口座という。
 勘定口座には標準式と残高式がある。標準式勘定口座では真ん中から左側を借方、右側を貸方といい、日付欄には仕訳帳の日付(取引の日付)、摘要欄には仕訳の相手勘定(相手勘定が複数の場合には「諸口(しょくち)」とする)、仕丁(しちょう)欄には仕訳帳のページ数、借方欄または貸方欄には金額を記入する(図Aの(1))。残高式勘定口座は、左右に分けられてはおらず、そのかわりに記入のつど残高が計算される(図Aの(2))。いずれの様式でも、勘定をみれば、当該勘定に記録されている財産の増減変動の原因とその時点での残高を知ることができる。
 勘定への記入のルールは、次のとおりである。資産と費用に属する勘定については借方に増加を、貸方に減少を記入し、負債、資本および収益については借方に減少を、貸方に増加を記入する(図B)。
 複式簿記では個々の取引は、ある勘定の借方と他の勘定の貸方に同額で記録されることになるので、個々の取引においても、また、すべての取引においても借方記入額と貸方記入額はつねに一致することになる。これを貸借平均の原理といい、複式簿記の特徴の一つである。この特徴を利用して複式簿記では、記録の正確性の確認が行われることになる。[万代勝信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かん‐じょう ‥ヂャウ【勘定】
〘名〙
① (━する) いろいろ考え合わせて判断を下すこと。
※続日本紀‐天平宝字八年(764)七月丁未「勅曰、前者、卿勘定而奏、依庚午籍勘者可沈」
② (━する) 金銭や物の数量を数えること。計算すること。決算。
※延喜式(927)一一「凡諸国依異損請正税雑稲未納者、率勘定損田
※浮世草子・日本永代蔵(1688)三「勘定(カンデウ)なしの無帳無分別」
③ (━する) 代金を支払うこと。また、その代金。
※高野山文書‐(年未詳)五月七日・会行事某書状案「又水旱の損に勘定候て、年預坊へ御わたしある分にて候」
④ 仕事の報酬としての金銭。
※女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一六「そのくせ彼の取る勘定は妻よりもすけない」
⑤ (━する) 利害、損得などを予測して計算すること。見積り。予想。
※滑稽本・風来六部集(1780)飛だ噂の評「飯と汁と香の物計(ばかり)喰て居れば、病気も出ず勘定にもよけれ共」
⑥ (━する) 考えに入れること。→勘定に入れる
※門(1910)〈夏目漱石〉一七「宗助は羨しい人のうちに、御米(およね)迄勘定(カンヂャウ)しなければならなかった」
⑦ いろいろな事情を考え合わせて出る結論。わけ。活用語の連体形や「…という」の形を受けて用いられる。
※酒中日記(1902)〈国木田独歩〉五月八日「自然と私共も忙がしくなる勘定(カンヂャウ)サ」
⑧ 簿記で、資産、負債、資本、収益、費用について、その増減の記録計算をするために設定する計算上の区分のこと。借方、貸方という形式を用いて増減、変化を記入する。勘定科目、勘定口座の意味にも用いる。
⑨ キリスト教で、神の下した審判。室町時代末期に西洋人によって与えられた訳語。
※ぎやどぺかどる(1599)上「最期に臨んでは〈略〉只御勘定の緊しき事をのみ歎き」
⑩ 江戸時代、勘定組頭の支配を受けて勘定所の事務を取り扱った役人のこと。勘定衆。
※吏徴(1845)別録・下「御勘定 寛永十五年戊寅十二月五日始置十二員
⑪ 飲食などをおごらせて帳尻を合わせること。
※胡瓜遣(1872)〈仮名垣魯文〉初「勘定(カンジャウ)とは俗におごる、おごらせるなど云言葉なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勘定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勘定の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation