@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勝田守一【かつたしゅいち】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勝田守一
かつたしゅいち
[生]1908.11.10. 東京
[没]1969.7.30.
哲学者,教育学者。 1932年京都帝国大学卒業後,松本高等学校で哲学,ドイツ語を担当。第2次世界大戦後,文部省教科書局社会科主任となり,民主社会における市民教育の場としての社会科創設に努めた。その後学習院大学を経て,1951年,新設された東京大学教育学部の教授となった。民間教育研究運動に積極的にかかわり,雑誌『教育』の編集長をつとめ,教育科学研究会へ参加,国民教育研究所にも研究会議員として協力した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

勝田守一 かつた-しゅいち
1908-1969 昭和時代の教育学者。
明治41年11月10日生まれ。昭和21年文部省教科書局社会科主任となり,「社会科」の創設につくす。学習院大教授をへて26年東大教授に就任。戦後民主教育の理論的指導者として民間教育運動にかかわった。昭和44年7月30日死去。60歳。東京出身。京都帝大卒。著作に「平和と教育」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

かつたしゅいち【勝田守一】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

勝田守一
かつたしゅいち
(1908―1969)

教育学者。明治41年11月1日東京に生まれる。京都帝国大学哲学科卒業後、1946年(昭和21)文部省学習指導要領作成委員を経て、1951年東京大学教育学部教授となる。戦後民主教育、国民教育の理論的指導者として、日教組教育研究大会講師兼世話人、教育科学研究委員長を務めたほか、教育哲学会常任理事、日本教育学会常任理事などを併任。主著に『平和と教育』(1951)、『国民教育の課題』(1966)などがある。昭和44年7月30日没。

[小股憲明]

『『勝田守一著作集』全7巻(1974・国土社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勝田守一」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勝田守一の関連情報

関連キーワード

国木田独歩監獄法国木田独歩グリフィス西園寺公望内閣新聞小説光緒帝内閣総理大臣キュビスムクリーマー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation