@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勧学院【かんがくいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勧学院
かんがくいん
南曹,氏院ともいう。藤原氏子弟の学問所。弘仁 12 (821) 年,藤原冬嗣によって創設された。藤原氏出身の大学学生を教育するのが目的で,ここに寄宿させ,学資を給与した。大学寮の管轄は受けず,藤原氏の氏長者 (うじのちょうじゃ) の所管であった。また藤原氏の氏寺,氏社の事務も取扱い,おもな職員として氏長者の下に別当 (公卿別当,弁別当,有官別当,無官別当) ,知院事,安主,学頭などがあった。藤原氏の全盛時には栄えたが,平安末期に焼失してから次第に衰えた。また,藤原氏の勧学院にならって,諸寺院でも僧侶の学問奨励のために勧学院が設けられた。これは鎌倉時代にも設立された例がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんがく‐いん〔クワンガクヰン〕【勧学院】
平安時代の大学別曹(だいがくべっそう)の一。藤原氏の子弟を教育するために、弘仁12年(821)藤原冬嗣(ふじわらのふゆつぐ)が創立した教育施設。
平安時代以後、延暦(えんりゃく)寺東大寺などの大寺院で設けた僧侶の教育機関。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんがくいん【勧学院】
平安時代に設けられた藤原氏出身の学生のための教育施設。821年(弘仁12)に,右大臣藤原冬嗣が一族子弟の大学生のための寄宿舎として建てたもので,やがて大学寮の付属施設として公認され,大学別曹となった。左京三条一坊にあり,大学寮の南に当たるので南曹とも称し,また氏院(うじのいん)ともいわれた。藤原氏出身の大学生は勧学院で宿舎・学資・書物などの便宜を与えられ,大学に通って勉学したのである。勧学院は藤原氏の勢力に支えられて諸氏類似の施設である大学別曹の中で抜群の隆盛を誇り,興福寺・春日神社などの氏寺・氏社関係の事務をも管掌した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんがくいん【勧学院】
藤原氏の大学別曹べつそう。821年、藤原冬嗣が一門の子弟のために創設した教育施設。氏うじの院。南曹なんそう
平安時代以後、大寺院の設けた教学研修のための機関。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勧学院
かんがくいん
平安時代、藤原氏のための大学別曹(べっそう)。藤原冬嗣(ふゆつぐ)が821年(弘仁12)大学寮の南方、弘文(こうぶん)院の南、左京三条一坊に創設。南曹とも氏院(うじのいん)ともいわれた。藤原氏出身の学生(がくしょう)を寄宿させ、学資を与え、学問を励ますためのもので、学生は曹司(ぞうし)に起居して、大学に学び、課試を受けた。当初、冬嗣が食封(じきふ)1000戸を寄付して維持費にあて、その後、藤原氏出身の大臣らが食封を寄進したりしたが、寄進荘園(しょうえん)をその財源とすることになる。大学寮の管轄を受けず、藤原氏の氏長者(うじのちょうじゃ)が所管した。別当、学頭、知院事(ちいんじ)、案主(あんじゅ)などの職員があり、別当が学生の出世に尽力したので、学生には有利な条件が多くあった。のちに藤原氏の氏寺、氏社の事務をも取り扱うようになり、氏長者の事務を行う政所(まんどころ)も置かれるようになる。藤原氏の政治勢力によって、諸氏大学別曹のなかでもっとも栄えたが、鎌倉時代には衰えた。しかし、機構は室町時代まで続いた。[大塚徳郎]
『桃裕行著『上代学制の研究』(1947・目黒書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんがく‐いん クヮンガクヰン【勧学院】
[1] 平安京左京三条の北側にあった藤原氏の教育機関。大学寮別曹(べっそう)の一つ。弘仁一二年(八二一)藤原冬嗣が創設。藤原氏長者の所管で、藤原氏とともに繁栄し、一門の子弟の官界進出に寄与した。興福寺や春日大社の管轄も行なった。南曹。氏院(うじのいん)
[2] 〘名〙 鎌倉時代以後、諸大寺で、堂舎を建てて宗学を教授したところ。最古は弘安四年(一二八一)創建の高野山の勧学院。勧学講院ともいう。
※御伽草子・勧学院物語(室町時代物語大成所収)(江戸初)上「それ、みのの国、ひらの、くゎんがくゐんと申は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

勧学院
かんがくいん
821年,藤原冬嗣の創設した藤原氏の大学寮学生のための教育機関(大学別曹)
学生はここに寄宿し大学に通い試験に合格して官人となった。藤原氏の氏長者が管理にあたり,学生に種々の財政的援助を与えた。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勧学院」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勧学院の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation