@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勧進能【かんじんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勧進能
かんじんのう
本来は寺社への喜捨のために,入場料をとって行なった興行のこと。永享5 (1433) 年,寛正5 (64) 年に京都糺河原 (ただすがわら) で,永正2 (1505) 年京都粟田口で行われたものが名高い。江戸時代には能役者営利的なものとなり,特別の許可を要した。このほか,家元が生涯に1度だけ許される一世一代の勧進能との2種類がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かんじん‐のう〔クワンジン‐〕【勧進能】
勧進2のために公儀の許可を得て興行する能。のちには、それを名目に営利興行した。
江戸時代、観世大夫が一代に一度だけ幕府の許可を得て催した特別な興行。一世一代勧進能。一代能。御免能。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんじんのう【勧進能】
近世以前にあった入場料をとって公開した大規模な能の催しをいう。勧進とは元来寺社建立,橋梁道路等の整備補修のための臨時的な寄付募集行為で,勧進能も初めはその目的に沿って催されたが,後には能役者自身の収益をはかるために興行されるようになった。原則として能役者が勝手に興行することはできず,武家貴人の許可と後援とを必要とする特別な行為で,この点は江戸期にいたるまで変わらなかった。勧進能の起源は不明。記録上の所見田楽による勧進能がやや先行し,猿楽はそれより遅れるが,14世紀の半ばにはかなり盛行していたようである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かんじんのう【勧進能】
勧進のために、公許を得て興行する能。かんじん。
江戸時代、観世太夫が一生に一度許されて催した大規模な個人興行の能。一世一代勧進能。御免能。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

勧進能
かんじんのう
寺社建立や橋の建造、修理などの費用を集めるために催された興行能。鞍馬(くらま)寺改修を名目とする1464年(寛正5)の京都糺河原(ただすがわら)勧進能などが名高く、音阿弥(おんあみ)が出演し、将軍足利義政(あしかがよしまさ)以下が観覧した。のちには能役者自身のための催しとなり、とくに江戸ではしばしば催された。一方、幕府が能大夫(のうだゆう)に許す一世一代の大掛りなものもあったが、その最後の例は、1848年(嘉永1)の宝生(ほうしょう)大夫弥五郎(やごろう)の江戸筋違(すじかい)橋における勧進能で、晴天15日間、見物札は5万2500枚に及んだ。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かんじん‐のう クヮンジン‥【勧進能】
〘名〙 勧進②のために興行する能。後には、それを名目として入場料を取って行なう興行をもいう。また、能役者が一代中に一度だけ許される、特別な興行をもいう。一世一代勧進能。御免能。勧進。
※咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)下「くんじんのふに芝居銭三十文づつとりければ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勧進能」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勧進能の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation