@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

勿来関【なこそのせき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

勿来関
なこそのせき
古代の関所常陸 (ひたち) と陸奥 (むつ) との国境にあった。初め菊多関と称した。白河関念珠関とともに奥羽三関の1つ。設置年代は不明。現在の福島県いわき市とするが未詳。平安時代以降,歌枕として知られ,後三年の役帰路源義家がここで詠じた和歌が有名。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

なこそのせき【勿来関】
古代,常陸と陸奥との国境に設置された関所で,所在地は現在の福島県いわき市勿来町付近とされる。白河関念珠関(ねずがせき)とともに〈奥州三関〉の一つ。はじめは菊多関と称された。歌枕でもあり,〈な来そ〉,すなわち〈来るな〉のをかけて歌に詠まれることが多い。《枕草子》の〈関は〉のにも名がみえる。源義家の〈吹く風をなこその関と思へども道も狭(せ)に散る山桜花〉(《千載集》巻二)は,後三年の役の際,この地での詠歌と伝えられて有名。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

勿来関
なこそのせき

古代の常陸(ひたち)国と陸奥(むつ)国の海沿いの境にあった海道(東海道)の関所。白河(しらかわ)、念珠(ねず)とともに奥州三関の一つ。その創置ははっきりしないが、835年(承和2)の太政官符(だいじょうかんぷ)によれば、そのときから400年余り前に置かれたとされている。初め菊多剗(関)(きくたのせき)とよばれたが、やがて勿来関とよぶようになったらしい。「な来(こ)そ」(来てはいけない)の意をかけて用い、当時の歌などに詠まれ、広く世に知られるようになった。なかでも、後三年の役の帰路、源義家(よしいえ)が詠んだという「吹く風をなこその関とおもへども道もせに散る山桜かな」(『千載集(せんざいしゅう)』)の歌は有名である。その遺跡は現在、福島県いわき市勿来町関田字関山の地とされているが、確かではない。

[平川 南]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勿来関」の用語解説はコトバンクが提供しています。

勿来関の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation