@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

包接化合物【ほうせつかごうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

包接化合物
ほうせつかごうぶつ
inclusion compound
クラスレート化合物 (ラテン語で格子で包み込まれるの意) ともいう。ある分子がかご形構造をつくり,その空孔の中に他の原子や分子を包んだ構造をもつ化合物。したがって両者の間には化学結合がなく,厳密な意味では化合物ではない。化学的性質は外側のかご形構造 (ホスト格子) を形成している分子のほうの性質を示す。融解または溶解すると両者は容易に分離する。かご形構造はほとんどの場合,水素結合によるものが多い。たとえばヒドロキノンが水素結合により網目構造をつくり,その中に他物質Xを包み,[C6H4(OH)2]3X の形の包接化合物をつくる。Xはアルゴンクリプトンキセノンメチルアルコール,二酸化硫黄,二酸化炭素,塩化水素,臭化水素,シアン化水素,硫化水素などで,Xの条件としては網目に相当する程度の大きさをもつことが必要である。Xをゲスト分子ともいう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほうせつかごうぶつ【包接化合物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ほうせつかごうぶつ【包接化合物】
一つの化合物の結晶の三次元網目構造の中にできるすき間に、他の原子または分子が一定の組成で入りこんでできる一種の付加化合物。ヒドロキノンとメタノールなど種々のものが知られている。クラスレート化合物。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

包接化合物
ほうせつかごうぶつ
inclusion compound
分子化合物の一種で、一方の分子種が籠(かご)状、トンネル状あるいは層状の分子規模の空間をつくり、そこへ形状と寸法が適合する他方の分子種が収納(包接)されて生成する化合物。クラスレイト化合物clathrate compoundともいう。空間をつくる化学種をホスト、包接される化学種をゲストという。ホストとゲストとの間に強い化学結合がなくても、形状と寸法さえ適合すれば生成することが多い。ヨウ素デンプン反応で生成する青色物質はその一例で、螺旋(らせん)状に巻かれたデンプンの構造がつくるトンネル状空間にヨウ素原子が一列に包接されている。酵素が基質を取り込むときの選択性も、部分的な包接構造の生成が作用している。メタンハイドレートと俗称される物質は、氷H2Oをホスト、メタンCH4をゲストとするメタン包接水和物(限界組成式8CH446H2O)である。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほうせつ‐かごうぶつ ハウセツクヮガフブツ【包接化合物】
〘名〙 原子や分子の立体構造の格子のすきまに別の原子や分子がはいりこみ、一定の組成比で特定の構造を形づくっている化合物。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

包接化合物
ホウセツカゴウブツ
clathrate compound, inclusion compound

挿入化合物の一種で,ホスト分子またはホスト格子のつくる空間に,第二の分子状の化学種(ゲスト)が取り込まれたもの.たとえば,デンプン分子のつくるらせん構造にヨウ素分子が閉じこめられたヨウ素デンプン,ヒドロキノンのつくるかご状構造にメタノール分子が包接されている付加化合物希ガス原子が水分子のかご状構造に入っている氷クラスレートなど.IUPAC(1995年)では,空間がかご状の場合,区別してクラスレート化合物とよぶことをすすめているが,日本語では区別しないこともある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ほうせつ‐かごうぶつ〔ハウセツクワガフブツ〕【包接化合物】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

包接化合物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

包接化合物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation