@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

化学エネルギー【かがくエネルギー】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

化学エネルギー
かがくエネルギー
chemical energy
物質がもつ内部エネルギーには構成分子振動回転に伴う力学的エネルギーのほかに,化学結合に関係した部分がある。これを化学エネルギーという。化学反応において反応出入りがあるのは,化合物の間で原子結合の組替えに伴って化学エネルギーと熱エネルギーが相互転換するためである。化学電池や,燃焼の際の発熱発光では化学エネルギーが電気,熱,のエネルギーに転換する。また光合成では光のエネルギーが化学エネルギーに転換する。現在,エネルギー資源の大部分を占めるのは石油石炭が保有する化学エネルギーである。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かがく‐エネルギー〔クワガク‐〕【化学エネルギー】
化学結合によって物質内部に保有されているエネルギー。化学変化に際して、熱・光・電気などのエネルギーに変わる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かがくエネルギー【化学エネルギー chemical energy】
物質のもつエネルギーのうち,それを構成する分子の化学結合に蓄えられるものをいう。化学結合の組換え,すなわち化学反応が起こると,それにつれてエネルギーの放出または吸収を伴うので,これを用いて他の物質の加熱または冷却に使うことができる。あるいは電池によって化学エネルギーを電気エネルギーに変換することもできる。最近は太陽エネルギーを使って種々の化学反応を行わせ,よりエネルギーの高い物質に変換して貯蔵する研究が盛んである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かがくエネルギー【化学エネルギー】
化学結合によって物質内に蓄えられるエネルギー。その一部は化学変化に伴い熱・光・電気などの形で放出または吸収される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

化学エネルギー
かがくえねるぎー
chemical energy
元素または化合物の中に化学結合として蓄えられているエネルギー。したがって、これら化合物(または元素単体)間に化学変化、原子の組み換えがおこれば、それに伴って、蓄えられている化学エネルギーも変化し、それが減少すれば外部にエネルギー(通常は熱量)を放出し(発熱反応)、増加すれば外部からエネルギー(通常は熱量)を吸収する(吸熱反応)。人工的に利用しているエネルギーの大部分は各種燃料の燃焼によって生ずる反応熱である。化学エネルギーの変化は、熱量の出入り以外に、電気的エネルギー(たとえば燃料電池を含む各種の電池の場合)または光エネルギーとして外部に取り出すことができる場合もある。地球では太陽エネルギーが植物に吸収され、これが各種の化学エネルギーに変換されて古代から人類の活動に役だっている。[戸田源治郎・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かがく‐エネルギー クヮガク‥【化学エネルギー】
〘名〙 (エネルギーはEnergie) 化学結合によって、物質内に保有されているエネルギー。物質に化学変化が起こった時、熱、光、電気的、機械的エネルギーなどの形で放出、受け入れが行なわれる。たとえば石炭の燃焼熱。〔現代大辞典(1922)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学エネルギー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

化学エネルギーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation